プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HG「ガンダムAGE-1ノーマル・フルカラーメッキVer.」&MG「ダブルオークアンタ・クリアーVer.」作成記録

今日まで実施されていたガンプラEXPO、行けた人は行っただろうか。
さて、そんな中で昨日手に入れた戦利品に俺は手を付け、二品作成した。

まずはAGE-1ノーマルのフルカラーメッキから行ってみよう。
ランナーはこういう感じだ。
2011-11-05-003.jpg
流石フルカラーのメッキ、もうとにかくど派手な感じだ。
ただ関節とかになるCランナーは通常のHGよりも少しメタリックな成形色になっているだけで、これはメッキではない。
後Aランナーは色プラとなっていることもあり、各色のメッキをやらなくてはならなかった関係かバラバラに梱包されていた。

これをさくっとストレートに作成する。
2011-11-05-006.jpg
いい具合にぎんぎらぎんだ…。
ちなみにこういうメッキキットの宿命で切った後がとんでもなく目立つがそれは仕様だと思って諦めよう!

側面
2011-11-05-009.jpg
シールドに簡易スタジオ以外の背景が映り込んでいる気がするが無害です。

背面
2011-11-05-011.jpg
なんかライフルだけメッキじゃないのがなんともいえない。

アクションを取らせてみる。
2011-11-05-020.jpg
HGと変わらない。が、なんか知らんがヤケに左手がプラプラしたのは気に掛かった。
なんでだろ?

通常版と比較してみよう。
2011-11-05-023.jpg
………派手だ…。

2011-11-05-025.jpg
というわけでAGEはこんな感じである。
なんだかメッキという物にBB戦士ゆかりの懐かしさを感じる今日この頃。

続いてクアンタ。
これは大陸では既に販売されていた物らしいが、それが今回日本に上陸してきたとのこと。
ランナーはこんな感じ。
2011-11-05-027.jpg
これはフレームとなるABSパーツとアクションベースの成形色がメタリックカラー、外部装甲は全てクリアー整形になっている。

しかしさすがはMG。組むのに割と時間が掛かるのもまた事実。
とりあえずコネコネとこれを作ったがかなり時間掛かってしまった。
そんな中で作成中にこれは撮らなきゃと思ったのがコレ。
2011-11-05-029.jpg
クリアーせっさん。ELSとか別惑星の異星人と対話したのでしょう、多分。
立ち状態だともっとそんな具合になる。
2011-11-06-043.jpg
透明なせっさん、か…。

そして完成したのがコレである。
2011-11-06-004.jpg
外部装甲がクリアーのため内部フレームの構造も見ることが出来るのはでかい。
同時に外部装甲の内部ディテールも見ることが出来るが、ホントにしっかり作り込まれてて怖い。

左側面
2011-11-06-005.jpg
シールドはあまりフレームが使われていないこともありクリアーにしただけという印象もあるが、ソードビットの内部構造を見ることが出来るためシールドに付けやすかった。

右側面
2011-11-06-008.jpg
ここはだいぶフレームが目立つ。
なお、今回一応指の分割を実施してある。

背面
2011-11-06-006.jpg
やはりかなりディテールがぎっちりである。

なお、こいつにはクアンタと同様にLEDを仕込むことが出来る。
最近は店頭でLED売ってるのが本気でありがたいと思ったのだ。
というわけで付けたのだ。
2011-11-06-021.jpg
相変わらず目が痛くなりそうな緑色である…。
背面はもっと強烈だった。
2011-11-06-028.jpg
もう明るいのなんのって…。
どんくらい明るいかというと…
2011-11-06-032.jpg
ぶれてるけど真っ暗にした部屋でこれである。マジこいつ懐中電灯の代わりになる勢いだった。

前に作った通常版と比較してみよう。
2011-11-06-034.jpg
2011-11-06-035.jpg
2011-11-06-038.jpg
2011-11-06-036.jpg
クリアーになるだけで一気に印象が変わった感じだ。
後今回のクリアー版だとクリアーグリーンがだいぶ明るい色になってるのも印象的だった。
雰囲気が違うのはこれもあるかもしれない。

ついでなので武器も比較。
2011-11-06-039.jpg
こっちの方がわかりやすいかもしれない。
メタリックになることでイメージも少し重厚な感じになっているのが分かる。

2011-11-06-013.jpg
というわけでクアンタはこんな感じです。
やはり元のキットの出来がいいだけに作っていて面白かったぜ。

2011-11-06-003.jpg
今日紹介した2作品を並べてみる。
メッキとクリアー。どちらもお約束の限定プラモだが、こうして並べるとMGクアンタのメッキ使用とか、AGEのクリアー仕様とかを見てみたい気がするのは俺だけだろうか
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す