プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

劇場限定版「デルタプラス」作成記録

昨日書こうと思ってたらおねむになっちゃって結局今日まで延びたよ…。

この間の土曜日から正式に第四話が公開されたユニコーン。
そんな第四話の劇場公開記念アイテムが「HGデルタプラス:インナースペースクリアVer.」(以下限定版)だ。
つかもう四話だから折り返し地点だが…ホントに終わるのかいささか不安でしょうがない今日この頃。

そんなプラモのランナー。
2011-11-14-001.jpg
関節などのパーツになるDランナー(黒いの)、及びABSのEランナーはクリアーではない。
また、Aランナーの白い部分は限定版ユニコーンと同様のコーティングが施されている。

これをさくっと組み立てる。
2011-11-15-005.jpg
目のシールは選べる形式であるため第四話をイメージして赤にした。
しかしよく見るとツインアイのモールドがきちんと掘ってあった。
通常版ではここは塗ろうかな。

側面
2011-11-15-008.jpg
百式の元になった「δガンダム」のデザインを受け継いでいるため、百式同様フレームがだいぶ目立つ。

背面
2011-11-15-013.jpg
フラッシュ焚くとクリアー具合がよく分かる。

可動範囲
2011-11-15-015.jpg
膝は最大限やってこんな感じ、ギリギリ正座できない。
肘は90度のみ可動だから少し範囲狭いか。

2011-11-15-018.jpg
キットのビームサーベルは設定通り青だけど…左手の持ち手が…ない…!
左手で握ってるポーズとかあるじゃない! それくれよお願いだから!
>作れ
はい…

デルタプラスと言えば変形である。
その変形には
2011-11-15-019.jpg
このパーツ共を利用する。
HGUCではZ以降ずっと取られ続けている変形用パーツを使った差し替え変形になる。
そして変形させると
2011-11-15-021.jpg
こうなるわけだ。
割とクリアーカラーはコレの方が目立つかも。
ちなみに変形の際、当然のことながらパーツが残る。
残ったパーツはと言うと…
2011-11-15-025.jpg
これである。
割と今回はパーツ残り気味。

とりあえずこれがあったら昔の限定版も引っ張り出す。
2011-11-15-032.jpg
リディ「ビームマグナムの残りは?」
バナージ「残弾1です!」
ちなみにこのシーンは再現するのに乗っければいいだけだからだいぶ楽。

2011-11-16-001.jpg
バナージ「撃てません!!」
リディ「貸せ!」
このシーンくらいから再現がかなり怪しくなり始める。
何故なら、デルタプラスの武器持ち手はユニコーンと異なり「武器に出っ張りがある」のではなく「手に出っ張りがある」のだ…。
つまり、そのまま握ろうとするとデルタプラスの手ではビームマグナムに干渉するのだ。
そのためこれではユニコーンの手を付けているやっつけぶりになってしまった。

2011-11-16-009.jpg
リディ「その機体から下りろ、バナージ」
うん、これに至っては無理ありまくりだね。
そもそもサイコフレームあのシーンだとグレーだし…。
つか左の持ち手がないから右手を付けるしかないという…。
しかもね、位置関係はね
2011-11-16-004.jpg
こんな具合。
すげぇ間延びしちゃってるのが分かると思う。
デルタプラスのライフルは長すぎるのだ…。

というわけで劇場限定版四体(一個違うけど)を並べてみる。
2011-11-16-012.jpg
実はデルタプラスが一番小さいのでは…。後シナンジュの存在感は異常。
そしてこう並べてみるとやっぱシナンジュって連邦系の機体だなぁとは思う。

2011-11-16-014.jpg
というわけで限定版デルタプラスでした。
まだ一部の劇場では手に入るようなので買ってみては如何だろうか。
もっとも、今後プレバンで販売するらしいけどね…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す