プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

ROBOT魂「ガンキャノン・ディテクター」

プレミアムバンダイ(以下プレバン)にて、数ヶ月前からユニコーンに連動した企画が始動した。
カトキハジメ氏と魂ネイションズのコラボ企画として、カトキ氏監修の元、『Ka signature』というブランドでロボット魂を売ることになったのである。
今回紹介するのはその第二弾として今日届いた「ガンキャノンディテクター」だ。
かつてZ-MSVとして出てから15年近く経って、ユニコーンで映像化されただけでも奇跡だったのに、まさか手に入る価格帯で立体を見ることが出来るとは思いもしなかったよ…。

まず前面部から。
2012-06-24-001.jpg
今回はユニコーンで出てきたトリントンカラーとなっている。
カメラ部分はメタリックグリーンで塗り分けられているほか、背部キャノンの砲口は黒で塗りつぶされている。

側面
2012-06-24-003.jpg
設定上メタスをベースにしたというだけあって普通のガンキャノンとは一線を画するデザインなのが面白い。

背面
2012-06-24-006.jpg
ここにあるセンサーも頭部と同様にメタリックグリーンで塗られている。

可動範囲を見てみよう。
2012-06-24-008.jpg
上半身だが、このように肘はせり出すことが出来るため見た目に反して可動範囲は広く、約180度曲げることが可能となっている。
肩関節や腰もせり出し式になっているため可動はかなり広い。

2012-06-24-009.jpg
下半身はこのように正座可能。また、つま先もよく曲がる。

2012-06-24-011.jpg
股関節をめいっぱい広げるとこんな具合。接地性も良好である。
また、股関節にもロール軸が付いているため更に表情を付けることが可能だ。

付属品は下記の通り。
2012-06-24-014.jpg
ビームライフル一つと持ち手及び平手が左右一対ずつ、それと魂ステージ固定用の器具と非常にシンプル。
本来だったら更にデカールもセットだったのだが、梱包の行程で何かミスがあったらしく、暫く後に送られてくるとのことだった。

2012-06-24-018.jpg
ビームライフルはプラモみたいなピンはないが結構しっかりはまるためポロリはなし。

さて、ガンキャノンディテクターといえばメタスを流用したために砲撃時に体育座りになることが特徴だ。
当然これもそのモードを再現している。
2012-06-24-019.jpg
股間のパーツが展開することで三本目の足となるわけだ。
横からだとこんな具合。
2012-06-24-022.jpg
不安定そうに見えるがこれでガッチリと動かないからすごい。
が、つくづく思うがこのポージングもある意味すごい…なんというか、卑猥だ…。

さて、前のバイアランカスタムからなんとなく感じてたんだが、このブランド、なんかロボ魂にしてはヤケにでかい。
そう思い念のために確認してみた。
2012-06-24-023.jpg
左から順にHGUCジェガンD型(改造品)、ロボ魂ガンキャノンディテクター、ロボ魂スペルビアジンクスだが、見れば分かるようにHGUCとほぼ同じなのだ。
ちなみに三者とも設定の全高はそんなに変わらないため、このシリーズが如何に大きいか分かると思う。

2012-06-24-027.jpg
というわけでロボ魂のガンキャノンディテクターでした。
トリントン襲撃シーンの再現にはもってこいの非常にいいシリーズだ。
これプレバン限定じゃなくて一般販売したら結構受けると思うんだがなぁ…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す