プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

コトブキヤ「ダンボー[ミニ] 」作成記録

たまーにすんごく緩くプラモを作りたくなるときがある。
そんな時ふと、プラモ屋に行って発見したのが、今回紹介する「ダンボー[ミニ] 」である。

ダンボーというのはダンボール戦機でもなければ某ネズミーランドの象型キャラでもなく、「よつばと!」に登場する夏休みの自由研究で作られたダンボール製のロボ、だそうだ…。
ちなみに「よつばスタジオ」という「よつばと!」の公式ページでこれが出てくる話を見ることが出来るため一度チェックしてみて欲しい。

そんなダンボーのミニサイズプラモ、ランナーはこれだ。
20130126_0094.jpg
すっげぇシンプル…!
口の部分は既に黒で塗られているが、薄め液で落とせるとのこと。
目のパーツは光っている黄色いのか、通常の黒いのかを選択する形だ。

流石にこれだけしかパーツがなかったこともあり、すぐに組み立てる。
20130126_0095.jpg
目は通常時の状態にした。
つかホントにシンプルだな、おい!

側面
20130126_0097.jpg
きちんとスイッチがあるのだ。

背面
20130126_0098.jpg
背面はホントにダンボールだなぁと言うのがよく分かってなんかまったりする。

可動範囲
20130126_0100.jpg
思ったより広いが、腕の可動範囲は頭がでかい影響でこんな具合に阻害される。
後頭部の接続自体はボールジョイントなんだが…これも、頭でかいから大して可動は…。

20130126_0102.jpg
足には二軸式のボールジョイントが付いているため結構設置性は高かった。
後前後のスカートアーマー(?)的なものは可動するが、横は固定式である。

ダンボー『ミニ』というが、どれくらいミニなのかというと…
20130126_0103.jpg
だいたいBB戦士と同じ位のサイズと言える。
HGUCと比べたらだいたい半分くらいといったところか。

20130126_0106.jpg
というわけでダンボー[ミニ] でした。
8.5cmとかなり小さい物を出した理由は「自分好みのダンボーを作ろう!」ということらしい。
価格も1000円いかないお値打ち価格のため、確かに複数対揃えて自分色に染め上げるのは悪くないかもしれない。


オマケ
20130126_0108.jpg
何故かこの2パーツが余る…。
ホントになんなんだこのパーツは…教えてエロイ人。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す