プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

一休み:FGガンダムヴァーチェ

アストレアの作成を執り行っているのだが!
俺はその後ハメ加工真っ最中に豪快に指に四発もアートナイフをバックリとやっちゃったわけでして、はい。
いてぇのなんの、しかも二カ所は未だに少しの衝撃で傷口が開く。もう二日も経ったというのに。
というわけで、今日は小休止で、足りない工具を買ってきたついでに今バンダイがやっている「Oガンダムプレゼントキャンペーン」に申し込むべく、FGを買ってきて、それを何も改造せず、ストレートに組み立ててみようと思ったというわけだ。
たまにあるんだよ、パチ組で行こうぜ症候群。
というか、FGがどれ程進歩したのか興味があったからちょうどいい。

種の頃に出来たFG。いわゆるプラモに対してさして興味のない若い世代を取り込むべくやった企画、だったのだが、HGが結構出来よかったことも相まって思ったほど売れなかった。
で、今回もまたそのケースである。かなり在庫処分気味だったが、Oガンダムキャンペーンと同時になんか急に売れ始めた。
とまぁ、んなこたおいといて、何故ヴァーチェか。
いや、エクシア買おうかと思ったらもう無くてな、一応他の機体も買ってきたが、一番思い入れあるからって事でこいつにした。

まずランナー構成。


うおおおおお、非常にシンプルだ。
なんかこれを見てるとどことなく、俺が小学生の頃作りまくったGガンやW、Xの頃の1/144を思い出させる。

というわけで作成開始。今回使う道具、ニッパーとピンセット、以上終わり。
見てみるとゲートはほとんど無く、手もぎでもいける、ように見えるが、やっぱニッパー使った法が安全である。
しかしなんだかんだでこのキットしっかりしており、割と後ハメにもばっちり対応している。正直ここは驚いた。

で、20分くらいこねくり回して、完成だ!
P1000565.jpg

いや、驚いた、想像以上に出来がいい。
しかもFGの分際でなのに膝も肘も曲がるとは!
更に嬉しいのがきちんとポリキャップが隠れているというその事実だ!
昔は汎用ポリキャップ丸出しだったからねぇ。
P1000569.jpg

これが後ろ姿である。割とガッチリしていて驚きだ。
が! 最大の難点は肉抜き穴が半端ないほど目立つという点と、手首が回らないことである。
ま、そこら辺はHGでやるとしましょう。

でもこれ、ホントに良くできてる。何せ足首はポールジョイントの二重間接だ。
P1000573.jpg

だから接地性もばっちし。
更に更に、肩も二重間接の引き出し機能付きときた。
P1000575.jpg

胴体が割と多めのパーツで構成されてるからなかなかにポーズが決まる。
ま、ヴァーチェがよくやってるGNバズーカを胴体に添える奴は出来ないけど、それはしょうがないか。
P1000567.jpg

しかし、こんなポーズがまさかFGでいけるようになるとは思わなんだ。しかもきちんと接地している。

組みやすさの割に出来が良く、小改造してやればかなりいい出来になるであろうことは必定のキット、たまにはいじくりまわしてみてはいかがだろうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す