プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

ガンダムフロント東京DOME-Gリニューアル+「HGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)Ver.GFT」作成記録

ガンダムフロント東京(以下GFT)も、開業して早一周年。
その中にある有料ゾーン内にあるシアターホール「DOME-G」の映像が8月3日にリニューアル。
そこで新規にお披露目になったMSがある。
それが今回紹介する「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス」(以下フェネクス)である。

うん、最初設定見た時我が目を疑ったわ。
三号機というだけでも衝撃なのに、機体色、金ぴか。
どっかで見たことある気がするけど、まぁとりあえず買ってみようと、3日筆者は朝一で行ってきた。
朝一のチケを取ってあったから、まずは映像を確かめる。

ちなみにこの映像、フェネクス以外にも「リバウ」という、バウの皮を被ったサイコミュ装備の袖付きバ改造マシンが出てくるので必見だ。
内容については是非足を運んで確かめて欲しい。
また、今は有料ゾーンでは「ガンダムサイエンス展」というイベントをやっている。
ガンダムに出てくるコロニーとかMSとか、そういうのを科学的に考えていくというコーナーだ。
これが個人的には意外に面白かったので、これも見てもらいたい。

で、この後有料ゾーンを出てから買いに行くのだが…フェネクスの発売は、想像以上の大混雑に見舞われた。
買うまで、二時間並び続けたのだ…。
フェネクスは、3日と4日はGFT最奥部にある物販コーナーでのみ販売を受け付けているので、そこに行き着くまでがとにかく時間が掛かる。
何せレジが三個しかない…購入者数に対して明らかに足りないのだ…。
当日トイレとかは並ぶ前にしっかり行きましょう。

で、今回購入したのがこれである。
20130803_0631.jpg
我ながら色々と買ったもんだ。
フェネクスは自分は二個購入。一個は改造用として取っておくことにした。
何しろフェネクスは、1/144サイズで初めてアームドアーマーDEのデストロイモード版のプラモが付いてくるからだ。これは改造に使えない手は無いと思う。
更に今の期間ならフェネクスを買うと、「DOME-G」で上映されたフェネクスの活躍するムービーのシナリオ集をもらうことが出来る。
しかも、ユニコーンの作者である福井晴敏氏書き下ろしだ! 福井氏ファンにもオススメである。
まぁ、小説ではなく、あくまでシナリオなんだけどね…。

購入後は無料ゾーンを行ってみる。
無料ゾーンには「ガンプラトーキョー」というガンプラを一堂に集めた展示室がある。
そこで、今日、新作の発表があった。
まずはこれである。
20130803_0570.jpg
11月にRGのストフリが出る。

更にはちょっと写真が見づらくて申し訳ないが
20130803_0574.jpg
12月にはMGでサザビーのVer.Kaが出ることが確定した。
まだサザビーは原型もなかったよ…。ただ、この間紹介したBB戦士サザビーのようなハイディテール仕様になる模様。

また、今度の10月から放映を開始するビルドファイターズの主役機である「ビルドストライク」や
20130803_0576.jpg
その際発表されたオールガンダムHGプロジェクトの商品も軒並み並んでいる。
20130803_0579.jpg
第一弾のウィングに始まり、
20130803_0581.jpg
第二弾のダブルエックス、
20130803_0583.jpg
第三弾のVと続くのだ。
20130803_0585.jpg
特にVはかなり小さく出来ており、結構強度とか大丈夫なのか不安になってくるところはある…。

さて、では、ようやく、フェネクスについて行こうか。
ランナーはこんな具合となっている。
20130803_0636.jpg
ユニコーンのデストロイモードにアームドアーマーDEのランナーを二枚追加した形となっている。

これをさくさくと組み上げていった結果がこれだ。
20130804_0464.jpg
後ろにあるアームドアーマーDEが結構いい味を出している。

側面
20130804_0466.jpg
一応サイコフレームは青なのだが、若干くすんでしまっている部分もあるのが難点か。

背面
20130804_0468.jpg
これが今までのユニコーン系列とは随分違う。

付属品はこれ。
20130804_0471.jpg
ビームマグナムとシールド。
ビームサーベルの刃は一切付いてこない…。

しかし、作っていくうちにこのプラモの欠陥に気付いた。
説明書通りに組んだ場合、アームドアーマーDEを手に装備することが不可能になるのである。
何故ならアームドアーマーDEの接続基部は、多分CADデータが同じなのだろうが、本来ユニコーンが用いているシールドの基部と同じになっている。
本来はそこにポリキャップをぶち込む仕組みなのだが、そのことは一切書かれていない…。
なので、シールドの基部には付属しているPC-132ポリキャップの1を入れておきましょう。

しかし、ここでもう一つ、問題が生じる。
このキット、見れば分かるように普通のシールドも組むように指定されている。
それをやった場合どうなるかというと、PC-132ポリキャップの1が一個足りない…!
更に、こいつはアームドアーマーDEが二つある。劇中ではこれを両方の手に接続していた。しかし、腕とこれを接続するためのパーツは僅か一つ。
要するに、劇中の様子を再現しようと思うと色々と足りないのである!

そこで用意するのがバンシィのデストロイモード版のプラモだ。
こいつはシールドを装備していないため、シールドのパーツが丸々余っている。
つまり、ここからPC-132ポリキャップの1と、シールド接続パーツを拝借するのだ。
そうすることで両方の腕に取り付けることが出来るのである。
20130804_0476.jpg
やはり両方に付けると迫力が一気に増す。
まぁ、そもそも論で普通のシールドこいつまったく使わなかったから、あえてシールド作らないでポリキャップはそこから拝借するのも手かも知れない。それでも基部は足りないけど。

ではここでユニコーン三機を比べてみよう。
20130804_0478.jpg
まだ普通の一号機組んでないのかとかいう苦情は受け付けません。改造途中で放置しているだけです、はい。
余計悪い? はい…。
しかし、色が変わるだけでも随分印象変わるとはよく言った物である。

そして、これの絵を見た瞬間、心底思ったことがあり、比較してみた。
20130804_0484.jpg
あまりにも、我らが永遠のギャグキャラ「大使」ことアレハンドロさんの乗っていた「アルヴァアロン」に似ている気がしたら、やっぱしアルヴァアロン、これの量産機とか言われても違和感なさそうだったでござるの巻。

20130804_0482.jpg
というわけでフェネクスでした。
正直このキット、かなりアラが目立つ。更には説明書にミスプリがあって、Bランナーの22番は使わないけど、×マーク付いてない…。
うーん…もうちょいどうにかしてほしかった。
ただ、アームドアーマーDEはこのキットが初めてなので、改造用に、はたまたお土産にいかがであろうか。

オマケ
20130803_0594.jpg
今GFTのあるダイバシティの前にそびえ立つガンダム立像がウォークスルーが出来るようになっている。
このような股下のアングルや
20130803_0598.jpg
あんまり見ることが出来ていなかった脚部内側の写真を撮ることも可能なのはこの時期だけだ。

オマケ2
20130803_0610.jpg
ガンダム石像なるものがいつの間にか出来ていたでござる。
サイズは結構小さめだが、これも期間限定公開らしい。

オマケ3
今GFTではスタンプラリーのイベントをやっており、6個のスタンプを集めるとポストカードと交換出来るのだが…如何せんその巡らなきゃいかん場所がグランパシフィック、要するにホテルである。
なんでまたと思ったら
20130803_0627.jpg
こういう企画やっていたようだ…。
結構いいお値段である。

何はともあれ、この夏の区間、GFTに足を運んでみてはいかがであろうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
19: by on 2013/08/08 at 19:27:23

最初に公開されたときは股の下くぐれたのに今は通常だとくぐれないんですよね
なんでだろ?

20: by ヘルハウンド on 2013/08/08 at 23:40:30 (コメント編集)

そういえば最初、お台場に公開されたときはウォークスルー出来ましたよね。
あれが結構楽しかったけど、今は何故かこのシーズンだけですな…。
なんででしょうね…

▼このエントリーにコメントを残す