プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

MG「νガンダム Ver.GFT」作成記録Vol.2(パチ組完結編)

前回に引き続き、今回もMGのνガンダムで行く。
昨日、ようやく、パチ組が完成した。
20130815_0722.jpg
うーむ、さすがは大型モデル。迫力があって実によろしい。
今回はまだデカールもスミ入れもしていない。とにかく、積みプラを、解消しなければ…。
なお、一部で色の違う青や白があるが、それはかなり薄く出来たシールとなっている。
これの上から水転写デカールって張ること出来るのかしら。

側面
20130815_0725.jpg
足にある色の違う青が結構目立つ。

背面
20130815_0727.jpg
やっぱしフィンファンネルはでかい。
後やっぱしサイズがでかくなったこともあってか、ファンネル一機ずつの重量がかなり増しているのに六枚抑えるのは専用のピンみたいなパーツだけだから、強度が少し不安と言えば不安である。

可動範囲
20130815_0729.jpg
肩はせり出すことも出来る。肘は180度曲がるため可動範囲は上等かと。
20130815_0728.jpg
膝もこのように正座が余裕で決まる。
股関節にも最近流行のロール軸あり。

しかし一番こいつで驚くのはやはりこれ。
20130815_0731.jpg
全部の指関節が動く上1パーツ切り出すだけという、ラリってるとしか思えないハンドパーツ。
初めていじくったが、こいつは真面目にすごすぎる。
強度もそこまで不安はなさげなのがまたいい感じ。

付属品は下記の通り。
20130815_0732.jpg
νガンダムとしては比較的普通なもの。
他にもビームサーベル用の刃が付いてきた。
拳については先程のハンドパーツで握り拳から何から何まで全て補う仕様となっており、別パーツとかはない。

そして、こいつの装甲の一部とかを外していくと
20130815_0737.jpg
一部で物議を醸した発動モードになる。
GFT版は通常版と違い、そこかしこに設置されたサイコフレームのパーツがピンク色になっているのが特徴だ。

側面
20130815_0738.jpg
しかしピンク色にした結果、なんか、ユニコーンみたいに…。

背面
20130815_0740.jpg
結構各所が開くけど、ユニコーンみたいに大々的な変化をすると言うわけではない。
しかし、モードを再現するためにはいくつかのパーツを外したりする必要があるため、ちとそこが面倒かも知れない。
後このパーツ自体が特殊な集光素材で出来ているらしく、ブラックライトを当てると何か変化あるかと思ってやろうとしたら…その、ブラックライト、液漏れしてた…オーオオオー!!!

20130815_0749.jpg
というわけでMGのνガンダムVer.GFTでした。
とにかく組み立てが大変なキットではあるが、専用の台座などもついてくるため、これはこれで味があって面白い。
時間があればスミ入れとか水転写デカールも貼ってみよう。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す