プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HGUC「バンシィ・ノルン(ユニコーンモード)」作成記録Vol.1(改造開始)

たまにだが、無謀なことがやりたくなってくるときがある。
きっかけは俺が購読しているホビージャパン、それの今年の八月号の記事だった。
そこにはバンシィ・ノルンとかの改造記事とかが載っていたのだが、改造のやり方が余すことなく載っていたのである。

これを基に自分なりの改造をやってみよう。
という超が付くほど無謀な考えの基、今回俺はバンシィ・ノルンの大改造に着手することを決断した。

まずそのキットのランナー。
20130829_0871.jpg
基本的には前回出たバンシィのユニコーンモードのランナーの一部を削ったり追加したりした形となっている。
しかし、実際問題ユニコーンのキット自体、既に出てから四年が経過し、いささか古くなってしまったような気もするのだ…。
だからこそ、なおさら、大改造がしたいのだ…。
ちなみに今回、失敗対策やシェアしたいパーツがちらほらあったため、キットは二個同じ物を用意してある。

まず最初に取りかかったのはアンテナの大型化。
20130829_0876.jpg
バンシィのアンテナ地味に太い上、ちょっくら短い。
ではどうするか。
そこでまずアンテナを三本とも切断し、切断面は平らになるように整える。
終わったら取り出すのがこれだ。
20130829_0878.jpg
タミヤの瞬間接着剤(高強度タイプ)。
これでアンテナの先端にプラ棒を付けるのだ。

今回用意したプラ棒はエバーグリーンの角プラ棒4ミリ×2ミリ。
なんでこんなでかいの使うかと言えば、経費削減のためである。
実は後後肩の大型化工作とかもやるんだが、その時に使うために買ったはいいが、如何せん10本セットとそう簡単に使える数じゃないので、ここは「大は小を兼ねる」の精神の基、まずはくっつける。
20130829_0879.jpg
さすがにそのまま付けると大きすぎるんである程度は切断した上でくっつけた。
しかしこの接着剤、アロンアルファよろしく恐ろしいほど強度が高い。
高強度なんだから当たり前だろとか思わないでもないが、流しすぎて一個アンテナおじゃんにしてるのだ…。
しかも指にくっつくとなかなか離れない…。

で、くっつけた後はデザインナイフやヤスリで削りまくってこうする。
20130917_0950.jpg
地味にアンテナの形がフラットではないため、その形になるようにゆっくりと形を整えた。
これもホビージャパンからの助言なのだが、根本に向かってカンナのようにプラ棒は削るのが無難でした、はい。
根本から先端の方に削ると、力が入りすぎるのか、へし折れる…。

次に先程言っていた肩の大型化。
20130917_0953.jpg
まずはこのように切るラインをあらかじめ引いておく。
黒ペンだとバンシィの色合い的な問題で隠れてしまってよく分かんなくなるので、結構濃い茶色のペンで塗った。最悪どうせ塗装することを考えると細い白ペンとかでもいいかもしれない。
ここで取り出すのがこれ。
20130917_0954.jpg
近所のホームセンターで買ったノコ。
これで
20130917_0957.jpg
肩をばっさりと。
そこに先程言っていたプラ棒をくっつけるのだ。
20130917_0962.jpg
現在乾かし中。
クリアランスとかはもうちょい経ってからだな。

他にもノコがあったついでにこんなこともやっておいた。
20130918_0929.jpg
リボルビングランチャーの切断。これを用いて予備弾倉でも作ってみようかと。

次に取りかかったのはこれだけは絶対にやっておきたい改造、股関節のロール軸追加だ。
最近のガンプラと違ってユニコーンはロール軸付いてないから、どうしても可動範囲で後れを取っている感があったから、これだけはやりたかった。
幸い、近所の模型屋でジャンクパーツとしてAGE03の足パーツが売っていたので、これをロール軸の基部にしようと思った。
20130918_0932.jpg
まずやることとして、このように股関節にある軸を切断。
その後タミヤのピンバイスで丸棒を通せる穴を開ける。
穴のサイズは3ミリ。
そこに差し込むのが、前から放置しっぱなしのブキヤのジェフティのABS製ランナー。
これを適当なサイズに切ってから通すのだ。
20130918_0938.jpg
少し接着剤も入れることでバランスを整えておいた。
後は大腿部。
20130918_0943.jpg
このように一体になっていたものを…
20130918_0946.jpg
ばっさりと。
切断した後は形を整えておく。
後はポリキャップを挟めば終わりといったところか。

最後にアームドアーマーXCの大型化。
なんかやっぱしこれも劇中のイメージだともっとでかい印象があったのに少し小ぶりだった。
なのでここは1ミリのプラ板をぺたりと。
20130918_0934.jpg
もちろん貼る前にはXCの翼部分を平らにしておく必要がある。
これをくっつけた後、まだ暫く乾くまで時間があるため、切るためのガイドだけは作っておく。
20130918_0939.jpg
きちんと平行線になるようにガイドは作っておいた。

さて、出来上がるまでどんだけ掛かるかな…。頑張ろう…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す