プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HG「ビルドストライクガンダム フルパッケージ」作成記録Vol.1(パチ組編)

10月7日からついにテレビ東京系列で新型ガンダム「ガンダムビルドファイターズ」がスタートする。
今回は前にOVAで出たビルダーズのようなガンプラアニメなので、結構自由気ままに出来るっぽいのが俺のツボ。特にボンボンではかつてプラモ狂四郎とかやっていたこともあり、そういう世代の人もいいのではないだろうか。

それの放送に先駆け、主人公機であり、ストライクをベースに作ったという設定のビルドストライクが、ライバル機「ザクアメイジング」と共にHG化した。
今回はまずビルドストライクからパチ組で。
そんなランナーはこんな具合。
20131004_1117.jpg
前回紹介したウィングと同様のポリキャップを用いており、比較的シンプルな構成かつ、グレーのパーツもABS並の強度を保ちつつ塗装可能にした素材が用いられている。

で、このキットをサブカメラに当たる「目」の部分のみシールを貼って仕上げたのがこれである。
20131004_1120.jpg
結構ストライクの下地が残ってるな、というのが正直な感想。後地味に「目」に当たる部分がでかいのも少し興味深い。
しかしその一方、これかなり部分塗装しないと、きついな…。

側面
20131004_1122.jpg
アンクルガードや腕はストライクとは結構かけ離れた構造になっている。
腕は横から見てみると、ストライクに改造出来そうだが…割と大改修必要かも。

背面
20131004_1124.jpg
バックパックには穴が空いており、かつて出たストライカーパックは全部付けることが可能となっている。
でもさ…昔と違ってポリキャップないのよね…すり減らないかだけが心配だ…。ここだけはちょっと劣化してる気がした。

可動範囲
20131004_1127.jpg
肩には引き出し機構があるため、かなり前の方に出すことが出来る。

20131004_1130.jpg
股関節はウィングと同じような形をしたロール軸有り。
肘も180°曲げることが出来る。

20131004_1132.jpg
正座はもちろん余裕だ。足首も結構可動範囲が広く、また、胴体にはもう一軸ボールジョイントがあるため前傾姿勢も出来る。
とにかく可動範囲は広い。

付属品は以下の通り。
20131004_1138.jpg
ビルドブースター、ビームガン、ビームライフル、強化ビームライフル、チョバムシールド、ビームサーベルの刃と、とにかく射撃武器豊富である。
ビルドブースター、何もシール貼らないとこのように男らしすぎるほど真っ青である…。
割り切ったなぁホントに…。結構白なりグレーなり赤なり塗らなきゃならん箇所がかなり多く、マジで要塗装かと。
ちなみにこれには単品販売版もあるが、単品販売版には様々なキットで使えるようなジョイントが別途付いてくる。
つまり、これだけではフルに遊べないと言うことでもある…おのれバンダイ。

このビルドブースターは折りたたむことで合体に移る事が出来る。
20131004_1139.jpg
この接続穴がなかなか面白く、180°回してみると
20131004_1142.jpg
RG用の接続軸も出てくる。無改造でRGに取り付け出来るのは素直に嬉しい。

では、武器と共にこれを見ていこう。
20131004_1145.jpg
ビームライフルとチョバムシールド。
何気にさらっと説明書にはチョバムシールドについて「薄いプラ板を何枚も貼り合わせた」とか書いてあるのが、模型アニメな感じがして実にいい。

20131004_1147.jpg
ビルドブースターの大型ビームキャノンはヴェスバーよろしくトリガーがついている。
また、ウィングは色んな角度に展開出来るので、それは好き好きに。

20131004_1149.jpg
ビームガンとビームサーベル。
結構刃先は長い。今回のサーベルはよくある丸径タイプである。

20131004_1150.jpg
強化型ビームライフル。
フォアグリップが可動するように出来ており、こうして両手撃ちのポージングもがっつり決められる。

では、ここで一応我が家にあったストライクを引っ張り出してきてみたので比較してみよう。
20131004_1153.jpg
左からHG(塗装済み)、ビルド、RGとなっている。
アプローチがそれぞれで随分違っているのが分かるが、こうして見るとビルドの腕はHGと比べてかなり細い。
そのままストライクとニコイチでやればいけるかなぁと思ったが、少し違ってくるかもしれんな…。頭部はさっき試したけど無改造で付くから問題はないだろうけど、腕何気に付け方の構造も違うからなぁ…。悩みどころである。

20131004_1157.jpg
というわけで、まずは簡単にビルドストライクのパチ組でした。
結構塗装しなきゃまずい箇所が多いため、近いうちに部分塗装したものをアップ予定。
しかし、キットそのものはプレイバリューが実に豊富かつ武器満載なのでなかなかよろしい。
10月7日の本放送までには仕上げたいのぅ…。リアルタイムで見ること出来ねぇけどなちくしょう!!!
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す