プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

作業工具専門店のゴッドハンド「アルティメットニッパー」

模型を作る上でニッパーの存在は欠かせない。
しかし、世の中にはビックリするほど多くのニッパーが存在する。
プラモ用ニッパー以外にも、金属加工用ニッパーや汎用ニッパーなどだ。

そんなニッパーの中でも、噂になっている物がある。
作業工具専門店のゴッドハンド、と言うメーカーが出している「アルティメットニッパー」だ。
滅茶苦茶よく切れる、という凄まじい評判がある。
ガオガイガーの必殺技みたいな名前のメーカー名と商品名のこれを、俺も試してみようと公式通販にて購入。
それが昨日届いたのだ。
その商品名、その名も「究極のニッパーセット!アルティメットニッパー【片刃】120mm普通のニッパー★お得な2本セットSPN-120/GN-125」
うむ、長い、長いぞ商品名!
「普通のニッパー」という冗談みたいな名前の、本当に普通のニッパーと二本セットになったお得セットなのだ。

20140122_2334.jpg
届いた代物がこれになる。
左がアルティメットニッパー、右が「普通のニッパー」。
うん、右の商品名もホントに冗談みたいな名前だな…。
アルティメットニッパーはグリップが二種類有り、今回はグリップが太い「デュアルグリップ」タイプを購入した。

アルティメットニッパーはゲートカット完全特化型ニッパーである。
プラモでゲートを切っていると気になってくるのは「白化」だ。切った表面が少し白くなるあれである。
それをかなり解消したのがこの商品なのだ。
このニッパー、なんと「片刃」である。
通常のニッパーは「両刃」であるが、これは片刃となっている。
更に、刃先がとんでもなく薄い。
その証拠がこれだ。
薄さ比較
左からアルティメットニッパー、グッドスマイルカンパニー製「極薄刃ニッパー「匠」」、タミヤ製「薄刃ニッパー」となっている。
全てマクロレンズで限りなく等距離から撮った写真だ。
匠、及び極薄ニッパー共々両刃なのに、アルティメットニッパーは向かって右側が分厚い上平面となっているのに対し、反対は異様に細くなっているのが分かると思う。
これは向かって右の方で対象を抑えつけた上で、もう片方の細い刃で切る、ということを行うための物だ。

では、これでどれほど白化しないのか、試し切りした結果が、これだ。
20140123_2343.jpg
左が匠ニッパーで二度切り、右がアルティメットニッパーで二度切りしたものである。
円で囲った部分を見ると分かるように、白化がとにかく少ないのだ!
そして何よりも、パーツを切ってて疲れない!
プラモはパーツを切り続けていると、いつの間にか指先が疲労してくる。そういう経験のある方も多いのではないだろうか。
しかし、これは本気で力を掛けずにサッと切れるため、疲れがほとんど生じない。
結果として大型キットとか組んでいるときに出てくる疲労も結構減ってくると考えられるが、それは実験してみないと分からないだろうね。
ただ少なくとも明日か明後日にはアップする予定のHGUCネモは作成時まったく疲れなかった。
ちなみにどれくらいすぐ切れるかというと、ポリキャップを切断するときに「いつ力入れたっけ?」と感じる程に、いつの間にか切れてるのだ…すげぇ。
他の素材でやってみたら白化がどうなるか、試したのがこれだ。
切れ味比較2
左から順に、「普通のニッパー」、タミヤ製「薄刃ニッパー」、グッドスマイルカンパニー製「極薄刃ニッパー「匠」」、アルティメットニッパーだが、白化がやはりランナーを切っても少ないのが分かると思う。
こんだけ太いのでもこうなるので、とにかくオススメの商品である。

ただし! 絶対にやってはいけない項目も結構ある。
①力を入れすぎないこと
②刃先よりでかいサイズの物を切らないこと(ランナーに付いているタグとかは論外)
③エッチングパーツ、クリアランナー(クリアのランナーは固い)を切らないこと
④プラ板は絶対に切るな
⑤切ってる最中にねじらないこと

これらをやると…もげるかもしれないとのことである…。
何せあんだけ刃先が細いため、結構扱いは繊細にやる必要がある。
ランナーカット以外には使用しないのがベタかも。
メインニッパーをこれとして、もう一本別途切れるニッパーがあると一気にプラモ製作環境が様変わりすると思う。

20140122_2340.jpg
というわけで簡単だったけど、アルティメットニッパーの紹介でした。
色々と注意しなければならんことはあるが、マジでこの切れ味は一度体験してほしい。
本気で「究極」の名前は伊達ではなかったと感じることが出来る。
……が、今(2014年1月23日23:48現在)楽天の公式通販、デュアルグリップの単品版売り切れてる…。
今回紹介したセット版はまだこの時間にはあったので、そちらを試してみてはいかがだろうか。
また、秋葉原のコトブキヤ、ボークス、タムタム、アソビットにてお試し用もあるとのことだったので、興味のある方は試してみてもいいかもしれない。
他にも公式でアマゾンでも扱っている。
マジでこれは、オススメです。




スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す