プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

wimp ft.Lil'Fang (from FAKY) (CD+プラモデル)付属「戦国アストレイ頑駄無 プラフスキーパーティクルクリアver.」作成記録

なんかかなり久々に記事をアップする気がするぞ俺。しっかりしろ俺。
そんなこんなで、ビルドファイターズもついに残すところ後二話…寂しい…すごく、寂しい…。
で、そんな主題歌のCDを買ってきたのは前回紹介した通り。
そんな主題歌の限定版に付いてくるのが、今回紹介する「戦国アストレイ頑駄無 プラフスキーパーティクルクリアver.」であるが…相変わらず名前なげぇわ…。

さて、ランナーを見てみましょう。
20140313_2997.jpg
当たり前の話だが戦国アストレイとは一切変更がない。
ただ色が違うだけである。
その色の違い方はこのようになっている。
20140313_3000.jpg
20140313_3003.jpg
このように、黒・赤・白のパーツは全てラメ入りのクリアーとなっているのだ。
かつて紹介したビルドストライクの限定版と同様の作りとなっている。
一方、胴体に挟む形となっている銀色のパーツは通常版と色違いではあるものの、クリアーパーツにはなっていない。

なお、このキットでもう一つ違うのがシールである。
20140313_3006.jpg
このようにBack-Onのシールがあるのだ。好きなところに貼っていいとのことだが…戦国アストレイ結構ディテールガッツリしてるし、貼れる場所はかなり限られると思う…。

これをパチ組で仕上げると、こうなるのだ。
20140318_2776.jpg
今回はあえて眼の部分以外にシールを貼らずに仕上げてみた。
他の色がないとかなりシンプルなことに結構驚く。
また、これまた意外とホワイトの透明度がそこまで高くないため、赤の部分もそれ程派手に透けることはない。

側面
20140318_2778.jpg
本来黒の肩アーマーに、本来真っ白なパーツのサムライソードと、まぁ随分とシール貼らないと物足りない感じに…。

背面
20140318_2781.jpg
ラメは全体的に目立つが、やっぱし鬼面がなんか物足りない…ぐぬぬ…。

当然のことながら、可動範囲は一切かつて紹介した戦国アストレイと変更無し。
ただしクリアーパーツの宿命か、全体的に硬く、特に肩関節は結構硬いため、可動に注意が必要である。

付属品は下記の通り。
20140318_2787.jpg
通常版と同様に手首パーツのみのシンプルな仕様だ。
角度付きの奴の緩さも相変わらずである。何故だ…。

では、ここで前に作ったアストレイと比べてみる。
20140318_2790.jpg
白はだいぶ通常版と比べると明度が低くなっているのが分かると思う。
後全身のラメがだいぶ目立つ。

側面
20140318_2794.jpg
肩アーマーなどを大幅に前の奴は塗り替えたりしてしまったので、一概にどちらがいいとは何とも言えないが、少なくとも通常版の白一色の刀より、このラメ入りの方が余程好みだった、個人的に。

背面
20140318_2796.jpg
背面は色の違いが結構目立つ結果に。
ただ、肩アーマーから上腕の一部が透明なので見えるというのは、なかなか印象が変わっていい感じ。

20140318_2797.jpg
というわけで、簡単だけど戦国アストレイ頑駄無 プラフスキーパーティクルクリアver.でした。
シールを貼らないと存外寂しいのがよく分かる…。
なお、これが付いているCDは、ビルドファイターズ視聴者なら分かると思うけど、結構爽やかな曲調なので、是非ともフルで聞いてみてほしい。
更にサントラも発売中だが、これも結構いい感じだった。
あぁ、こいつら後二回で終わりとかもったいなさすぎる…。

          
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す