プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HGUC「シルヴァ・バレト(ファンネル試験型) 」作成記録

後一月半ちょいで、足かけ四年かかったユニコーンもついに最終話である。
「RISE!」でPVが発表されて俄然盛り上がる、そんなユニコーンにもあるMSV。
そんなMSV枠の機体を前に紹介した。そう、シルヴァ・バレトである。
そのシルヴァ・バレトにはもう一個バリエーションが存在する。
そのバリエーションの一つが、この間プレミアムバンダイから届いた「シルヴァ・バレト(ファンネル試験型) 」なのである。今回はそれを紹介する。
…発送から一週間以上経ってからの紹介だから遅いとか言うな、俺が泣くから。

まずはランナーを見てみよう。
20140331_3061.jpg
既存のシルヴァ・バレトの成形色変更+一部パーツ追加、という形となっている。
これをさくっとそのままシールのみで組み立てて、こうなるのだ。
20140402_3074.jpg
背部真ん中にあるやたらでかいユニットが「有線式大型ファンネル」である。
この機体自体、そもそもゲームが初出展となっており、UC0092に実戦投入され、その時に得たデータをνにフィードバックさせた、らしい。
…有線式、か…インコムでもいいんじゃ…とか思わんでもないが…うーん…。
なお、胸部の白と、腰上部のグレーはシールである。
また、通常機と違って全体に青みがかっているほか、各所のラインが青ではなく赤になっているのも大きな変更点と言えるだろう。

側面
20140402_3077.jpg
実はバックパックがだいぶ形状がシンプルになっている。大型ブースターなどがない分、かなりすっきりした印象だ。
なお、肩の黒はシールである。

背面
20140402_3080.jpg
この真ん中のパーツが「有線式大型ファンネル」だ。
形状としてはνのフィンファンネルを大型化した、という感じだが、変形機構などは特にない。また、デルタガンダムカイも似たような装備を付けていた。
そしてこれを搭載したため、インコムの射出ユニットを削ってある。
しかし、まさかミサイルランチャーまでなくすとはな…すげぇ、シンプル。

なお、このキットは先程言ったようにシルヴァ・バレトのパーツ追加版という体裁のため、パーツがこれまた余る。
20140402_3081.jpg
なんと、通常版シルヴァ・バレトのバックパックが丸々一個余るのだ…!
色違いのシルヴァ・バレト通常版も作ることが出来るぞ!
…と、言いたいけどさ、唯一付いていない物がある。
そう、あの、ジム頭だ…。あれだけは付いていない…ぐぬぬぬ…。
まぁ、どちらにせよこのバックパックはジャンクパーツとしては非常に使えそうである。

付属品はこんな具合。
20140402_3086.jpg
通常版と違ってジム頭はない、が、それ以外はベージュ系統の色が青系統になっただけで、それ以外何一つ変更点無し。
なお、可動範囲はいっさい通常版と変わっていないので、今回の紹介では割愛する。
とりあえずビームライフルとシールドを持たせてみた。
20140402_3089.jpg
ビームライフルのセンサーはシール。
シールドのミサイルも色が赤系統になっているため、これはこれで結構いい色だ。

その他の武器群として。
20140402_3092.jpg
ファンネルの接続部分はこうなっている。
割とすぐに外せるため、アクションベースとか使うといいかもしれない。
だが、やはり、インコム、ミサイルランチャーなしだと、寂しいな…。

しかしここで意外だったのがビームキャノン。
20140402_3095.jpg
肩が干渉してまっすぐにならないのである。
それ以上に、やはり頭部のあの細長いアンテナも地味に干渉してしまうので、やはりまっすぐにするのは難しい。
出来ないことはないけど、アンテナ無くす必要がある気がする。
正面からだと
20140402_3097.jpg
こんな感じだ。
やはりまっすぐにするのは困難である。

では、ここで通常版シルヴァ・バレトと比較してみよう。
20140402_3100.jpg
20140402_3103.jpg
20140402_3106.jpg
不思議と今回の奴の方が個人的にはこぢんまりとまとまってるようにも感じる。
バックパックがシンプルになった分そう感じるのかもしれない。
ただ色はいざ見てみるとこのベージュの通常機カラーの方が好みかなぁ…と思わないでもない。

20140402_3109.jpg
というわけで、シルヴァ・バレト(ファンネル試験型) でした。
基本的な仕様はまるで変わってないが、色と一部装備が変わるだけでも結構雰囲気が変わってくるのを感じる。
しかし個人的にはもう少し説明書は凝ってほしかったなぁ、とも思う。
ファンネルなどの追加パーツに対する組み立て方と塗装レシピしかなかったのが残念だ…。
ま、何はともあれ5月のユニコーン最終章にこいつが出るかとかも期待したいところである。

      
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す