プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HGBF「クロスボーンガンダム魔王」作成記録

計算外だ…俺としたことが…まさか熱にうなされるとは…。
うん、実は写真自体は金曜には撮り終えてて、金曜の夜には書いてアップしようと思ってたのに、夜から熱に悩まされ、土曜日からガンガン上がっていき、流石に体温が40℃越えて近くの病院に行って、解熱剤の投与などを繰り返して日曜の夜になってようやく少しマシになった、かと思えば月曜日も39℃越えというぼろくそな状態で、火曜になってようやくまともに動けるように復活するという、あまりにきつすぎる日々を送ってしまったわ…。
悉く予定がパァだよちくしょう…。

で、木曜日に買ってきたこいつを、今になってようやくブログに上げるのだ。
クロスボーンガンダム魔王。ビルドファイターズのHGシリーズ2基種目となる完全新作キットである。
最終話だけしか戦闘シーンは出てはいないが、ついに、とうとう、待ちに待ったHGサイズのクロスボーンキットである!
まずはランナーである。
20140411_3110.jpg
思ったよりもシンプルになっている。
ビームサーベルの刃は一部を除いて専用品。
しかし、ここで俺は発見した。
20140411_3116.jpg
実は結構な数のランナーがただ「クロスボーンガンダム」としか書かれていないのだ。「魔王」の文字はない。
即ち、これは、バリエーション展開する気満々なのでは…。

これをパチ組+シールのみで組んだのがこうなる。
20140411_3117.jpg
全身のリアクター部分、及び頭部ドクロの黒、そしてその目はシールである。
このリアクターのシールがメタリック仕立てなのが嬉しいところ。
なお、ドクロの目にあるメタリックの目のようなシールは自由に付けて良いとのことだが、流石にホイルシールだからなぁ、何度も剥がすわけにはいかんし、固定するのがベストかなぁ。

側面
20140411_3120.jpg
ドクロが、結構、でかい。
バックパックは二重になっており、リフレクターミラーユニットは取り外しが可能だ。
ここのところはかなり汎用性が高そうである。

背面
20140411_3122.jpg
リフレクターミラーユニットの接続基部は限りなくクロスボーンガンダムに似ていると同時に、ガンダムX魔王のシステムに似ていることもあって、四個の接続穴がある。
改造にも役に立ちそうだ。
こういうところもいいキットじゃのぅウェッヘッヘ。
それと同時にリフレクターミラーユニットのメタリックシールが結構目立つのも分かると思う。

可動範囲を見ていこう。
20140411_3128.jpg
20140411_3126.jpg
肘は二重関節になっているものの、残念ながら前腕と上腕がそれぞれに干渉しあっているため、思ったより曲がらない。
ロボ魂みたいに上腕の装甲はもう少し削っても良かったんじゃないかなぁ、という気もする。
あと、ひょっとしたら俺が工作ミスっただけかもしれないけど、スカートアーマーを分割したらやたらすっぽ抜けるようになってしまった…うーん…。
その他の可動範囲は標準的といったところか。

続いて付属品を見ていこう。
20140411_3131.jpg
左の上から順に巨大なビームサーベルの刃が二本、ビームサーベル二本、ガン&ソード用刃が二本、ビームザンバー用刃、バスターガン、ガン&ソード、ビームザンバー、足用と手に持つ用のヒートダガーがそれぞれ二つずつ、謎の余りパーツ、ザンバスター用手首、バスターガン用手首、ピースサイン両手となっている。
マジで謎の余りパーツ…。うん、多分、バリエ展開とかするときに必要なんだろう、多分…。
口径として1/100のビームサーベル基部に近い感じだった。

では、それぞれ見ていく。
まずはビームサンバー。
20140411_3136.jpg
サイズはだいぶでかめで、迫力もある。サイドアーマーにマウントも可能となっており、そこからも、やはりクロスボーンガンダムシリーズを連続して出す気満々のバンダイの姿勢が見て取れる。

続いてバスターガン。
20140411_3133.jpg
バスターガンは専用の持ち手を使う必要がある。
形も独特の、というか、それこそ大航海時代の海賊とかが使ってそうな短銃をモチーフにしていることもあり、通常のビームライフルとかとはまた違ったグリップをしている。
この時持ち手にはピンがあり、それで固定するようになっているため、ポロリする心配はない。
また、写真のようにかなり持ち手自体に角度が付いているのが分かると思う。
なお、この武器持ち手は左右両方あるためどちらの手でも持たせることは出来るし、二個買って左右両方に持たせるのもありかもしれない。
これももちろん、サイドアーマーにマウント出来る。

で、バスターガンとビームザンバーの基部を組み合わせることで
20140411_3144.jpg
ザンバスターが出来上がる。
これまた専用の持ち手が必須だ。
ビームザンバーの基部がそのまま持った場合前腕に突っかかるためである。
そのため写真のようにかなりの角度を持った手首で持たせる必要があるのだ。
ちょっと正面向かせるにはコツがいる。

次にヒートダガー。
20140411_3138.jpg
サイズはちょうどよく、手にもしっかりフィットする。
足用は足の裏に穴があり、そこに差し込む形となっているが、これもガッチリフィットした。
刃先とかがこの色だと味気ないから塗ってやるだけでも違うかと。
ただ、一つ難点が。
20140411_3139.jpg
そう、最近のガンプラで異常に目立つようになった足の肉抜き穴である。
こればかりは塞いだ方がいいかもしれない。特にこうやって足の裏まで使う機体ならなおさらである。

続いてビームサーベル。
20140411_3145.jpg
バックパックのアームパーツも用いてサブアームには大型ビームサーベルの展開が可能となっているため、四刀流は普通に出来る。セラヴィーもビックリだ。
アームパーツ自体がX魔王と似たシステムを用いていることもあってか、自由度が高く、これだけ複数揃えたくなってくる衝動に駆られる…。

で、ここまで来てなんとなく思ったことがある。
あの、ここまでの武器、25話で、使ったっけ…?
軒並みクロスボーンガンダム用の武装、ってこともあるんだろうけどさ…。
で、ここからが独特のウェポン。
ガン×ソード…ではない。ガン&ソードである。
20140411_3142.jpg
刃もそこそこのサイズだったこともあり、展開させると結構巨大になる。
ジャマダハル、またの名をカタールともいうが、カタール風に見せるとちょっと大きいが、迫力は非常にあって大変よろしい。
基部には五箇所、銃身を止めることが出来る部分があるため、このグリップをどう生かすか、発想力が試されそうだ。

そして最後がスカルサテライトキャノンである。
20140411_3149.jpg
下顎は開かないが、上部を展開することで砲口が出てくる。
砲口の黒はシールとなっている。
側面から見ると
20140411_3150.jpg
こうなっているが、流石にアニメ版のように側面展開ギミックまでは付いてなかった。
ここの砲口部とドクロは塗るとかなりいい味出そうである。
しっかしホントに武装豊富だなクロスボーンガンダムシリーズは…。

さて、クロスボーンガンダムといえば、F97のコードで呼ばれている。
当然のことながら小柄だ。
実際プラモもX魔王と比べると
20140411_3152.jpg
少々小さめになっている。
更に、実はクロボン魔王、何気に通常のクロスボーンガンダムとは相当形が変わっているし、模型としてのアプローチがどう変わったのか、様々なクロスボーンと比べてみた。
20140411_3154.jpg
左からロボ魂X1、今回のクロボン魔王、GFFのX2となっている。
何かが足りないと思ったら、クロボン魔王、ビームシールドがない、完全攻撃特化型タイプになっている。
マオこういうの好きなんだろうなぁ…。
また、背部のブースターもなくなっているのも大きな特徴と言える。
しかし、いざ模型的アプローチから見てみると、実はサイズそのものはロボ魂とが一番フィットする。
GFFのは一回り大きいので、小型MSにしては大柄に見えてしまうところがあった。
ただ可動範囲はともかく、見た目の出来そのものはGFFがかなり上質なんだよなぁ…よくこれが今から10年前にあの価格で手に入ったもんだよ…今1万超えるだろうしなぁ…。
ホントトイの価格は上昇の一方だな…。

20140411_3158.jpg
というわけでクロスボーンガンダム魔王でした。
武装豊富、遊び甲斐有り、可動範囲そこそこ、買って損無し!!!
いや、割とマジでオススメキットよ、これ。
何より初のHGサイズクロスボーンだしね。
さて、今後どういう形でバリエ展開されるのかなぁ。楽しみである。


    
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
31: by jack on 2014/04/17 at 20:24:44

体調崩してたんですね。回復したようでなによりです。最近は風邪でも質の悪いのがあったりしますからお互い健康には気を付けましょう。

32:Re by ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃) on 2014/04/17 at 23:25:47

> 体調崩してたんですね。回復したようでなによりです。最近は風邪でも質の悪いのがあったりしますからお互い健康には気を付けましょう。
ですねぇ…ホント今回は参りましたよ…。
なんか大熱出す人が俺の周辺で結構いますので、そちらもご自愛の程を。

▼このエントリーにコメントを残す