プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE the FINAL“A mon seul désir”

本当に終わったんだな、という感じがした。
機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE the FINAL“A mon seul désir”、本日7月5日にパシフィコ横浜で開かれた、the FINALの名の通り、ガンダムUC最後のライブイベントである。
そのイベントの昼の部に行ってきたのだ。
夜の部は…チケット抽選、外れたの…。
なお、副題の「A mon seul désir」は、UC読者とか勘のいい人は分かると思うが「私のたった一つの望み」、即ちガンダムUCにおける物語の代名詞とも言える「貴婦人と一角獣」のタペストリーに描かれていた言葉である。

パシフィコ横浜の国立大ホールは全部で5002人入るという。
おかげでグッズ売り場は超満員。もっとも、こっちはパンフ買うだけだったから、パンフ専用の列があったためにすごい助かったけど。
しっかし今日本気で俺のカメラ(D5000)持ってきゃ良かったと後悔した…。
まさか今回のイベント書き下ろし原画色紙とか映画館限定ブルーレイに付いてきた脚本用書き下ろしイラストの原画とかあるとか思いもしなかった…。
おかげでケータイカメラで撮るハメになったわい…。
しかもこいつまでありよるとは…。
frontalcar.jpg
スタッフがたった一日でやってくれましたと評判のシャア専用オーリス改良版フル・フロンタル仕様である。
これ実物見たこと無かったからちょっと嬉しかった。
しかし…これ、公道走ることはまったく考えてないんだろうな…いや、どう考えてもフロントガラスにあるあのシナンジュのアンテナ状パーツ邪魔だろ! これワイパーですらねぇし!
ま、おもろいものではあった。

さて、ライブなんだが、ワシは抽選においてつくづくくじ運がない。
B席の、それもだいぶ後ろである…結構ここだと見えにくい…しかも前後の間隔が割と狭い…。
ぬー…流石にBunkamura程のスペースの広さはないなぁ…。
さて、今回のイベントは作曲家である澤野弘之氏が前回のFILM & LIVEと同様にピアノを、それ以外にもAimer、小林未郁、Cyuaのお三方もセット。特にAimerは今回が初めてである。
演奏曲は主にサントラ4の曲を中心になっているが、まさか最初「StarRingChild」から入るとはね…。結構意外というか。
その後続いた曲目は以下の通りである
20090522or0331
MSGUCEP7
RE:I AM MARIE
EGO
ν TYPE-OYM
UXO-→RX0
A LETTER
UNICORN GUNDAM
20140517

ここまで演奏した段階でトークイベントが入ったが、なかなかこれも味がある物だった。
その後後編として流れたのが以下の曲だ。
BANSHEE
MOBILE ARMOR
Sternengesang
MAD-NUG
MOBILE SUIT→GUNDAM
REMIND YOU
BEGINNING
流星のナミダ

ここまでの演奏がプログラムに書いてあった物である。
ほとんどがEP5以降で使われた曲で、やはりサントラ4をメインに持ってきていた。

渡されたプログラムにあった演奏が全て終わった段階で、前面スクリーンに全てのUCのスタッフロールが流れた。
いやー…声優から歌手から音楽担当から原画マンまで全員だから、数が半端ない…。
これだけ多くのスタッフが関わってたんだなぁと、正直改めて驚かされたよ…。
まぁ、あれだけ動き、あれだけ人もメカも多く、あれだけの集客力を得るわけだから、そりゃこんだけ関わるわな…。

しかぁし! これでこのイベントは終わりではなかったのだ!
きちんとアンコールがあったのだ。
アンコールではオケ陣はいなくなり、澤野氏を筆頭にギター×2、ベース、ドラム、バイオリン一名、マニピュレーター、そしてAimerが登場!
演奏したのは二曲。
まずUnChildに収録されていたbl∞dy f8
これは今まで演奏していた曲目とはまったく曲調の異なる曲であるため、なんか割と面を喰らったというかなんというか…。
UnChildは12曲のうち4曲はUCとはかなり毛色の違った曲調を醸し出しているので、正直これ聞いてないとAimerの単独ライブでも始まったのかという気になったのでは…と思ってしまった。
そして、本当にラスト。
ラストに流す、Aimerがいる、UC。
となれば、流す曲はあれしかねぇ。
そう! RE:I AMだ。
やっぱしこの曲ねぇとしまらんわぃ。

これをもって完全に終了となった。
グッズはどうやら昼の部と夜の部とで、それぞれ販売数が限定されていた様で、俺はちょっとあればいいなという感じに公演終了後グッズ売り場行ったんだが…はい、手に入ったのポストカードと澤野さんのタオルだけです…。

今回のライブ、個人的に何が良かったって、前回と違って演奏の途中でセリフとかSE挟まなかったことだったな。
正直前回のFILM & LIVEでは音楽にガッツリ集中出来なかった感じもあったし。
後Aimerの声はライブ音声の方が個人的には好みだった。
ただ一方で超個人的意見としては、管楽器の勢いが弱く感じた。確かに弦楽器と打楽器の方が人数多いし、打に至ってはドラムセットまであるから勢いがなかなか見えづらい、ってのもあったけど、どうも最後の方になるまで管楽器の音色が圧され気味という感覚を受けたなぁ。そこが残念。
でも総合的には満足です、マジで。

さて、こういうライブでは色々とチラシとかもらったりするが、その中で見つけた新情報。
2014.10.08、機動戦士ガンダムUC COMPLETE BEST ALBUM、発売とのこと。
内容については不明だが、多分今までの種とか00とかAGEと同様、主題歌集のようなものと考えられる。
今後の情報を待つのみ、だな。

なお、今回のライブはバンダイチャンネルで昼公演は7月12日(土)と7月19日(土)、夜公演は7月13日(日)と7月20日(日)にそれぞれ有料ライブ配信されるとのことなので、見に行けなかった方や、興味のある方はご覧になっては如何だろうか。

なんだかんだで、UC全部終わったんだな。
そう、ホントに思えた、何処か寂しい思いも去来した、不思議なイベントでもあった。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す