プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

「メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 劇場特別セット(ヤマト&ランベア リミテッドクリアVer.)」作成記録

ついに公開が始まった「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」。
劇場では様々なグッズが売られており、俺氏初日に見に行ったら大混雑に見舞われたでござる…。

でだ、劇場限定プラモもそのグッズの中には用意されており、その中の一つを今回紹介する。
それが「メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 劇場特別セット(ヤマト&ランベア リミテッドクリアVer.)」だ。
うん、名前なげーなおい!

まず、このメカコレクションとはなんぞやというと、手のひらサイズのヤマトのプラモだ。何せ一個500円以下で手に入るお手軽さもあるのが魅力である。
そんなのが二種類同時に入って限定成形色になっているのが今回のモデルである。
箱はこんな具合だ。
20141206_0000.jpg
二個買ってきたんじゃないぞ、2箱がくっついて一箱になってるんだぞ、一瞬分かりにくいけど。



中身はというと…
20141206_0001.jpg
箱の裏が説明書になっているという、徹底的なコストカットがなされている。説明書などという物は、ない!!

ではまず、この二体入りのうちの一体、主役であるヤマトから。
20141206_0003.jpg
小さい割にはそこそこのパーツ数。
だが、やはりさくっと組み立てられるのがいいところ。
出来上がったのがこれである。
20141206_0007.jpg
小さいながらもギッチリと刻まれたディテールがまたいい感じなんだが…とにかくパーツが小さいから大変だった…。
かつての作品では頻繁に壊れまくった第三艦橋もきっちり再現されてるのが素敵。
あと、一応スナップフィットで接着剤なしで仕上がるには仕上がるが、強度的不安がかなり強いため、一部を除いてパーツは接着するのをオススメする。

前面
20141206_0008.jpg
……細い! ヤマトってこんなに細いのか?!
でもホントにこのサイズっぽいのよね…今日映画館にあったもっとでかいサイズの劇場での宣伝用ヤマト模型見たけど、意外なほどに細かった。
なお、流石にこれにはイスカンダルで付けた波動砲封印カバーは付いていない。

背面
20141206_0009.jpg
OPでよく見せてくれた背面の巨大ブースターもそのままだ。

しかし、これの驚くべきはそのディテールの細かさだ。
20141206_0012.jpg
20141206_0013.jpg
これだもの…。
艦橋にあるレーダー然り、側面に配備された対空砲然り。
小スケールによくもまぁと唖然としてしまう。
なお、主砲は回頭できるが、砲身がかなり細いので、あまり動かさない方が無難だろう。
また、これより大きい模型にあったりもするカタパルトの発射再現は、流石になかった。

続いて紹介するのがランベア。ドメルとの七色星団での決戦時にあった空母である。
これを指揮するのは、今回の主要キャラの一人にして、七色星団決戦時唯一生死がハッキリ分からなかったフォムト・バーガーだ。
そんな空母のランナーはこんな感じ。
20141206_0005.jpg
二色だったヤマトと違って紫一色の超男らしい仕様である。

だが! このキットはヤマト以上にパーツが細かい、というか、パーツ分けがすごく多い!
おかげで一個あたりのパーツが小さく…小さく…はい、もげました、一個…。
そんなこんなで泣きそうになりながら作ったのがこれです…。
20141206_0014.jpg
……前面からだとちっとも分からんな……。


20141206_0015.jpg
砲塔一個ずつ独立パーツなんだもん…しかも一部の甲板支えるパーツも別パーツだし…細かいのなんのって…。


20141206_0016.jpg
でも確かにこうして見るとしっかりした三段空母である。
これで艦載機付いてきたらどうしようかと思ったよ…。

背面
20141206_0017.jpg
ブースター二機が別パーツとなっているが、これも基部に負荷が掛かりやすく、基部がもげやすいので要注意、つかもぎました、はい。
もいで修理しましたともちくしょう…。

ではディテールなんぞを。
20141206_0018.jpg
20141206_0019.jpg
ブリッジ周辺のディテールも彫り込まれており、多分これスミ入れしたらすごく出来いいと思う。
組み立てるの小さくて大変なの除けば…。
もっとも、それでも昨今のHGより早く組み上がるけどね。

でだ、これ、どんだけ小さいかと言えば…
20141206_0022.jpg
これくらいのサイズしかないのだ。
ビルドバーニングの全高よりも小さいサイズにかなりディテールやパーツを密集させているのだ…。
これにあれだけのディテールよく入るな…。

20141206_0025.jpg
というわけで、メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 劇場特別セット(ヤマト&ランベア リミテッドクリアVer.)でした。
とにかくパーツが細かい、というか小さいので、なくさないように要注意である。
後力が掛かるところには気をつけて欲しい。それでもげかねないので。
しかし、たまにガンプラ以外の物を作るってのは斬新でいいな。新しい発見がある。
なお、これ2艦セットで850円と超安価なので、まずはお手軽に楽しみたいという方は映画の際買ってみてはいかがだろうか。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す