プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HGBF「トランジェントガンダム」作成記録

20150413_0758.jpg
ビルドファイターズトライも終了して早二週間近く。
関東ではその枠で銀魂まややり始めたそんな今日この頃。
そんな中で発売された新型機、それがセカイのライバル機、トランジェントガンダムだ。

ランナーはこんな具合である。
20150411_0755.jpg
白中心、というか、なんかほとんど白い。それ以外だとクリアーパーツの青が目を引く。
台座も付いているが、これはGポータントから使用され始めたランナー・フレームレスの新型台座だ。

これをさくっと組むとこうなるのだ。
20150412_0746.jpg
やはりその名、「刹那ガンダム」の名の通り、00のラインがよく入っている、というか如実すぎる。
しかし、青のGNコンデンサは珍しい。
だが、だが…顔が…変なんだよ…。
真面目な話、かなり顔の造形は出来が悪いと言わざるを得ない。特定角度では良く見えるんだけどね…。
エクシアか何かから移植するとかなりよくなる気はするが…。

側面
20150412_0747.jpg
背面のコーン型太陽炉も00の大きな特徴なので、如何にこの機体デザインが00のMSの延長線上にあるかが分かると思う。
また、各部のコンデンサの中には銀のシールが張り巡らされている。

背面
20150412_0748.jpg
背面が一番00の機体カラーが現れていると言ってもいいかもしれない。
バックパックにもクリアーパーツがあるのが実にいいな。

可動範囲
20150412_0749.jpg
20150412_0750.jpg
浮遊形態が再現出来ることもあり、足首の可動範囲はかなり広め。
胴体、肘などもかなりの可動範囲も誇るため、真面目に00系統のガンダムタイプの可動範囲アップデートアイテムとしては最適かも知れない。

続いて付属品だ。
20150412_0752.jpg
GNパルチザン及び専用の持ち手×2、左平手、台座のみだ。
非常に残念なことに初回登場時に見せてくれた徒手空拳の時にやった手刀がない…あれ再現出来ない…泣きたい…。

とりあえずGNパルチザン。
20150413_0731.jpg
長さはそこそこ。極端に長い、というわけではない。
持ち手は角度が付いている上、親指が立っている独特の物だ。
通常の持ち手にしたい場合は、どっかから移植する必要があるのだ…。

20150413_0737.jpg
二個持たせるとやはり迫力は違う。
親指の達具合はこれでよく分かると思う。

20150413_0739.jpg
先端部を開くことで射撃形態へと展開出来る。
また、GNパルチザンにはこれ以外にもギミックとして
20150413_0741.jpg
上下に分割できるのだ。
つまり、24話で使ったランスビットも再現出来るのである。
魂ステージの台座4個いるがな!!!

20150413_0743.jpg
しかし、もう一つこのキットの残念な所がこれだ。
ビームサーベルの接続穴があるにもかかわらず、その肝心のサーベルがないのである。
しかもこのフラットタイプの奴は結構珍しく、自分の知っている限りではゴールドフレーム天ミナやエクシアダークマターくらいしか、余っているのもない。
RGのエクシアの奴でも付くには付くけどね。
しかも刀身は当然ピンクであるため、青くするには要塗装ときた。
結構、めどい。

結構愚痴ってしまったが、いいところももちろんある。
それがこれ。
20150413_0734.jpg
さりげにブラックライト対応である。
蛍光塗装施さずにこれは結構個人的に嬉しいポイントだ。
というか00系列でこうなったのひょっとして初めてではないだろうか。

さて、刹那という名前だから、せっちゃん・せっさんの乗った機体と比べてみよう。
20150412_0745.jpg
膝廻りや腕などはかなりエクシアのそれに近い。
一方でダブルオーやクアンタからはだいぶデザインラインとしては離れている感じがある。
やはりエクシアとかの第3世代ガンダムを意識した作りなんだろうな。

20150413_0744.jpg
というわけでトランジェントガンダムでした。
真面目に頭部さえどうにかなれば…手刀とサーベル付いてれば…など結構惜しい点が目立つ。
それ以外のポイントはかなりしっかりしている分、非常に惜しいのだ…。
ただ第3世代ガンダムのアップデートにもオススメな、まさに「ビルダー」向け、とも言えるのかも知れない、そう解釈しよう、うん。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す