プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HG・Oガンダム(A.C.D.)&エクシアリペアⅡ作成記録

OOのテレビシーズンが終了して早半年あまり。
しかし終了後もバンダイのプラモラッシュは止まらなかった。

そんなこんなで出たキットが、最終決戦でいい感じに心に残る対決をしたOガンダムとエクシアリペアⅡである。
しかも箱絵は組み合わせてみると最終決戦をイメージした一枚絵になるとか、購買意欲を非常にそそる実にいい内容だった。

そんなわけでまずはOガンダムである。
ランナーの構成はこんな感じ。
2009-08-17-001.jpg
OOと同様のポリキャップのため結構広い可動範囲が出来そうだとこの地点である程度予測できる。

まず最初に最優先でやっておきたいのが、ボディに来るクリアーパーツの塗装である。
裏にクリアーグリーンを吹っ掛けるだけで出来が良くなるのでオススメ。
後ポイントは腹。
腰と腹の間に赤いパーツがあるのだが、真っ赤のままよりも設定にあるようにグレーに塗ってやろう。意外とここは目立つ。

後はアンテナとかはシャープにする工作を行うことと、メインカメラに緑はしっかり塗ってあげること、スカートアーマーの前面部は左右で分けてやることがポイントかのぉ。

後はスミ入れとかをやった後にクリアー(つや消し)掛けて完成だ。
2009-08-29-014.jpg

後ろはこんな感じ。
2009-08-29-019.jpg
GNドライブは趣味で周辺と噴出口にグリーンを塗ってそれっぽくした。

で、肝心の可動範囲。
まずOガンダムはこんなポーズもあっさり取れるぞ!
2009-08-29-023.jpg
座禅やろうとしたらOOと違ってスカートアーマーが妨害して上手くできなかったでござる。
これじゃなんか態度でかく座ってるようにしか見えん…。

ま、まぁ、気を取り直してこんな事も出来るんだぞ。
2009-08-29-024.jpg
立て膝が違和感なくあっさり決まるってのは素直に凄い。

で、これと比べたくなってくるのが、やはり前にあったFGのキャンペーンで当てたOガンダムだな。
比較の図はこんな感じ。
2009-08-29-029.jpg
若干HGの方がでかいように感じる。
可動範囲を除いたプロポーションを見るとFGは決して悪くない。そう考えると技術の進歩って凄いなと思ってしまう。
後ろはこんな感じ。
2009-08-29-030.jpg
太陽炉の形状が随分違ってて結構驚きである。

では続いてエクシアリペアⅡだ。
このキットは基本的にエクシアのリデコだ。基本的な構成は前のエクシアと変わらない。
が、新規パーツが大量に付いてるおかげでパーツがいっぱい余るのが難点だな。こいつらはジャンクパーツにもなるから取っておいて損はない。
一応このキットもOガンダムと同様にコンデンサ部分をクリアーグリーンで裏打ちしてやる。特にエクシアはOガンダム以上にクリアーパーツが多いため裏打ちの効果はかなり上がる。

後は部分塗装を施しつつ、最終的にはOガンダム同様クリアー掛けて完成だ。
2009-08-29-033.jpg
大腿部が変わってるのと腕のコードがないため結構印象が変わる。

で、クリアーグリーンを塗った効果だが、カメラのフラッシュを焚くと結構分かりやすくなった。
2009-08-29-036.jpg
こうしてみると結構鮮やかになっていることが分かると思う。
続いて後ろ。
2009-08-29-038.jpg
何処かエクシアと比べるとシンプルになった気がする。

とゆーわけでエクシアと比べてみよう。
2009-08-29-039.jpg
割と変更になったパーツが多いことが分かると思う。
後ろはもっと変わっている。
2009-08-29-044.jpg
サーベルが二本のみのためリペアⅡがシンプルに見えるのだろう。

さて、最後はお約束のこれである!
2009-08-29-047.jpg
やっぱさ、最終戦のあれは個人的にも再現したいわけですよ。
リペアⅡは狙ったように臨界状態の太陽炉が付いてくるし。

どちらもいいキットかつ組み立てやすいのでオススメである。

さぁ、次はホワイトグリントだ…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す