プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

フレームアームズ「フレームアームズバーサスセット〈ゼルフィカールVSフレズヴェルク=アーテル〉」作成記録Vol.1(フレズヴェルク=アーテルを作る)

20150606_1752.jpg
フレームアームズ・ガール轟雷が超大人気である。
まさかマジでどこもかしこも消えて難民発生阿鼻叫喚(オーバーだが)にまでなるたぁな…。
しかし、本来のフレームアームズもほぼ同時に作品を出してきた。
その名も「フレームアームズバーサスセット〈ゼルフィカールVSフレズヴェルク=アーテル〉」…長ぇよ。
これは今まで出て来ていた「ゼルフィガール」というバーゼラルドにエクステンドアームズを追加装備させた物と、フレズヴェルク=アーテルという、現在出ているフレズヴェルクがかつて出した限定版仕様の二種をセットにして、それぞれカラーリングを変更したものである。
更にこれには今までなかったフレームアームズのCGアニメDVDとその解説説明書もセットで付いてくる。
まずは今回は組み立てたことのないフレズヴェルクシリーズからいこうか。

ちなみに箱はというと
20150606_1754.jpg
中箱は至ってシンプル。
ランナーは
20150531_1742.jpg
こうだ。
水転写デカールも付いてきているが、今回は貼らずにしておいた。
なお、それぞれのパーツは
20150531_1746.jpg
20150531_1744.jpg
20150531_1745.jpg
20150531_1747.jpg
こういう色合いになっている。
説明書に変更は無し。しかし、そのためにだいぶ色合いの違いが分かる。
白はソリッドな感じからパールがかった形へ、銀とクリアーブルーは少し暗めに、そしてフレームは紫へと変化している。
フレーム紫は今回のDVDアニメに出て来たアーキテクトもそうだったので、月側の標準タイプだと思っていいのかも知れない。
その紫フレームは組んでみると
20150531_1750.jpg
20150531_1749.jpg
20150531_1751.jpg
こうして結構独特な色合いを醸し出すのだ。
なお、肩だけ形が違うが、これはこの機体の専用品である。
更にブレードは
20150531_1748.jpg
こうして一部塗装済みなのが嬉しいところ。

では、これを元に組み立てたのが、これになる。
20150604_1733.jpg
クリアーブルーの装甲がかなり目を引くが、同時に色合いも何処か「あ、限定版だ」と分かるような、そんな通常版だとあまりない感じなのがいけてる。
足はとにかく小さく、最初の頃は自立も不安だったが、意外にどうにかなった。

側面
20150604_1734.jpg
大腿部は存外デカイ作り。ただこれは大腿部のフレームに無理矢理くっつけているだけなので、可動が多い割にはポロリしやすい印象あった。接着しちゃうのもいいかも。
ちなみにクリアーブルーのパーツ、結構尖ってて可動させる度に結構痛い。

背面
20150604_1735.jpg
背面から見ると結構細く見えるから不思議だ。
実際背面装備はほとんど無いからかもしれない。

可動範囲
20150604_1736.jpg
20150604_1737.jpg
基本的にはフレームに沿って可動するが、下の写真のように少し曲げた情態にしてしまうと、一気に自立性が低下する。
そのため支えとして下の写真は無理矢理背面のユニットを下ろした。
可動そのものは悪くないが、どうにもネックなのが腕だった。腕にあるパーツが大きく可動させると結構ポロリする。要注意。

付属品
20150604_1738.jpg
専用武装:ベリルスマッシャー2本ととFAハンドの武器持ち手と平手が左右双方のみ。

では、そのベリルスマッシャーを見てみよう。
20150604_1739.jpg
実はでかいのです。
このベリルスマッシャーがアーテルになって付いてきた専用品。
でかい、かっこいい、尖ってる、鎌。大きなお友達が惹かれないわけがない。
ちなみにこの武器
20150604_1740.jpg
その気になればこうして横のライフルホルダーにセットが可能だ。

また、この武器は
20150606_1712.jpg
瞬間破壊力強化のモードアックスと
20150606_1713.jpg
広範囲や直線の攻撃を強化するモードグレイブの計三種にチェンジできるぞ。

そしてこの機体最大の特徴がこれだ。
20150606_1715.jpg
サイドワインダーモードへの変形である。
意外にきっちりはまるため、そう簡単にこの形態が変わることはない。

側面
20150606_1714.jpg

背面
20150606_1716.jpg
肩のブースターは色を塗ってやるとそれっぽくなっていいかも。

20150606_1717.jpg
全体写すとこんな具合で結構サイバーな雰囲気かつ何処かSTGの主人公機みたいな感じである。

20150606_1719.jpg
というわけで、フレームアームズバーサスセットより、フレズヴェルク=アーテルでした。
フレズヴェルクは初めて作ったが、とにかくパーツが尖っているから地味に痛い。
あと全体にディテール豊富だからやっぱしスミ入れした方がいい感じになるわな。
さて、バーゼラルドは…マジでいつ作れるんだろう…これから忙しくなるしなぁ…。
しかもHGBFのトライオン3も買っちゃってあるし…まずはこれを作るか…。



■ゴッドハンド
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す