プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

フレームアームズ「三二式一型 轟雷」

フレームアームズというと、フレームアーキテクト以外にも二種類の機体が出た。
一つはスティレット。戦闘機をモチーフにしたような感じの機体である。
そしてもう一つが、戦車をモチーフにしたような機体「轟雷」である。

まず箱はこんな感じ。

完成されたフレームアーキテクトと外装パーツの模型がセットになっている。
ちなみにこれも普通の箱だった。こういうのって割と珍しい気がする。

ランナーとかはこんな感じ。
2009-11-14-007.jpg
今までのブキヤのキットに比べるとパーツ数は少し少なめ。
でも色分けが絶望的でござる!

てなわけで、今回もお手軽部分塗装+αで仕上げようと思うのだ。

まずはヒケ処理。割と気になるところ多かったので1000番でガシガシと。
次に胴体。
どーにもこーにも二色だけってのは味気ないのでここで持ってくるはラピーテープの緑だ。
あれは結構キンキラしてるだけあって見栄えがよくなる。
てなわけで胴体のセンサーっぽい部分に付けた。
ダクトだった気もするけど、フレームアームズは自由なのだ!

後やっぱ気になるのはキャタピラ。
如何せん茶はねぇだろってことで、ボトムズカラーのボトムズグレー1を取り出し、エアブラシで吹き付ける。
希釈の比率は1:2。
内部のタイヤはシルバーのスプレーを塗りたぐった。
だいたいこんな感じになる。
2009-11-14-011.jpg

後はこのカラーを一部筆塗りでも使用する。
ラピーテープもセンサー部分や頭などに使うようにし、最後はクリアーをかけて完成だ!
2009-11-14-010.jpg
1ポイントで塗るだけでも何も塗らないより全然見栄えが良くなるのだ。

後ろはこんな感じ。
2009-11-14-012.jpg
色々付けられそうに思える部分がいっぱいだ。
後腰の後ろのダクトは腰アーマーをセロテープ+マスキングテープでマスキングしてからエアブラシで塗った。確かにこっちの方がマスキングテープの消費は抑えられるな。

しかし、このキット何が寂しいって、装備品が肩のキャノンとナイフ以外ねぇってことだ。
いくらなんでもそら寂しいと、ダブルサブマシンガンを連結させて持たせてみた。
2009-11-14-015.jpg
少し長い武器、或いは結構重そうな武器がこいつには似合う。
ていうか、この武器の取り回しの良さが生半可じゃない。ホントに色々出来るってのはいいことだ。

とゆーわけで、ちと駆け足だったが解説終了。
ちなみに作成時間はこれだけやってざっと4時間前後とブキヤのキットにしては異様に短かった。
今度はフレームを使う商品だとボダブレのクーガーである。
これに期待するとしよう。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す