プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

バンダイ「スター・ウォーズ ダース・ベイダー」作製記録+小説アップしました

20151026_2580.jpg
A long time ago in a galaxy far,
far away....

この言葉の後に続くメインテーマ。そう、SF界の巨頭、スター・ウォーズである。
ついに新作エピソード「The Force Awakens」(フォースの覚醒)も始まる。
日本語版の予告も来たのでますます期待出来るという物。

そのスター・ウォーズのプラモを一年前からバンダイが出している。
で、その第一弾は、やはりというべきか、スター・ウォーズを語る上で外せないこの人だ。
そう、ダース・ベイダーである。
あの独特のマスクと呼吸音、そしてその裏にあるストーリー、どれを取っても悪役として、ライバルキャラとして、完璧である。
そのプラモを、俺は、実は、一年前に買ってたのよね…。
で、これを何故今更作ろうと思ったかと言えば、やはり新作が出るからだ。
新作で俺の中のフォースが熱くなったからだ。
何言ってるか分からないとか言うな。フォースを使え、フォースを。

そんなキットのランナーはこんな具合だ。
20151025_2431.jpg
やはりというべきか、真っ黒である。
シールはそのまま貼れるデカールと、水転写デカールの二種類が付いてきているのでお好きな方を選択しましょう。

今回は久々に部分塗装も施した上で仕上げてみるのだ。
結果出来上がったのがこれである。
20151025_2433.jpg
ライトセイバーの銀及び眼の部分について色を付けた。
ライトセイバーの銀はガイアカラーのExシルバーで、眼の部分はExシルバーを塗った後、その上からスターブライトアイアンを塗ってある。
眼に関してはそのままだと真っ黒の成形色ままで、何処か「眼」という印象が薄い。ここ塗っておくだけでもだいぶ違うかと。
それ以外は全てデカール貼ったりしているだけだ。
見れば分かるように黒でもコーティングのされ方が異なるなどしていて、パーツごとの差異を眺めるだけでも面白いぞ。
ただし胸のパネル部分やベルトの付近にあるボタン類はデカールである。
見りゃ分かるようにとんでもなく細かいため、場合によっては塗装しちゃってもいいかもしれない。

側面
20151026_2418.jpg
マントも質感が他のパーツと比べて異なっているのがよく分かると思う。
後結構ヘルメットは光沢してます。

背面
20151026_2419.jpg
ほとんどマント。

可動範囲
20151026_2420.jpg
20151026_2421.jpg
流石に人間モデルだからガンプラみたいな可動範囲はない。
マントは各所で軸が設けられているため、割と自由度高く可動させることが可能だが、おかげでだいぶ可動範囲を狭めているという印象も受けた。

付属品
20151026_2422.jpg
ベース、ライトセイバー、左の握りこぶしと両手持ちのための穴あき拳。
ベースはあの超巨大要塞「デス・スター」をイメージした物になっている。

ライトセイバーを持たせてみよう。
20151026_2423.jpg
長さはそれ程長くない。
先端はライトセイバーらしく丸くなっている。
赤のライトセイバーは、シスに染まった証というわけではなく、単純にライトセイバーに使われているクリスタルに人口クリスタルを用いているからだそうだ。
でも赤なので悪そうに見える不思議。

20151026_2424.jpg
このように両手持ちもしっかりと決めることが出来る。
ちなみにライトセイバーの使い方にも型が七種類もあるという。

20151026_2425.jpg
握りこぶしを付けてみると少し値から強そうに見える。
個人的には右にも付けて欲しかった。

さて、このダース・ベイダー、実はもう一つギミックがある。
20151026_2426.jpg
このようにヘルメットが外れるのだ。
Ep6で最期の時にメットが外れるが、それを模した、といってもいいだろう。

しかし、ここが実はこのキットで最大のネックになってくるところである。
実はこのメットの裏、そのまま人間の状態、即ちアナキン・スカイウォーカーの後頭部が見えるのだが…
20151025_2432.jpg
パーツ真っ黒である…。

このまま付けては味気ないので、ここはひとつ塗装をして仕上げます。
20151026_2427.jpg
こうするだけでも黒よりだいぶマシになると思う。
レシピは
サフ→ガイアノーツ・ガイアノーツフレッシュオレンジ→ミドルストーンを薄く→Mr.ウェザリングカラー・ステインブラウン
これだけでもだいぶ違うのだ。

なお側面は
20151026_2428.jpg
こんな感じである。
黒の成形色より生っぽく見える方がいいのだ。

では、このダース・ベイダー、どれ程のサイズなのかというと
20151026_2429.jpg
実はガンプラと比べると結構でかめ。
同時にこうして比べるとガンプラとはまた頭身が異なっていることが分かりやすいと思う。
やはりロボ体系と人間体系は違うと言うことだ。

20151026_2430.jpg
以上、バンダイ「スター・ウォーズ ダース・ベイダー」でした。
正直デカール部分はかなりめんどい仕様であるため、場合によっては塗っちゃった方が手軽かも知れない。
実際側面のベルトにある銀の部分は俺塗っちゃったし。
でも塗装とか一部加えるだけでもよくなるキットではある。
個人的にはこのシリーズは続いて欲しいので、是非ともダース・モールとかカイロ・レンとかも出して欲しい。
え? ルーク? …どうしよう…。
しかし、これを作ったら多分スター・ウォーズを見たくなるだろう。
なおかつて俺は12時間耐久でEp1~6を見たら次の日一日中ライトセイバーの音が耳から離れなかった。
そんな気分で流したいのは石田ショーキチの「love your life」収録のナンバー「スカイウォーカーチルドレン」と、俺の中では相場が決まってたりする。
「Jediになりたかったんだ」、そうあの歌では歌っていた。
フォース使えるようになんねぇかな…。

オマケ
小説アップしました。
第三話「覚醒」(4)
pixiv:http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5968454
TINAMI:http://www.tinami.com/view/810302

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す