プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HGGO「高機動試作型ザク」作製記録

20160417_3203.jpg

ようやく時間が出来たぜ…。つか気付いたらいつの間にかブログの書き方も変わってるし…。
時代に乗り遅れている…。
さて、そんな中そろそろオリジンも新作の公開が迫っている。
そんなときにプレバンから今回届いたのがHGGO「高機動試作型ザク」だ。
ぶっちゃけ08小隊第一話でアイナが使ってたあれだ。
それをMSDという形で出してきたのである。

さて、そんなキットのランナーはこんな具合だ。
20160417_3204.jpg
キットは下半身は前日紹介したドム試作実験機と同様であり、結構なパーツが共通パーツとなっている。

これをサクッとくみ上げるとこんな具合である。
20160423_3191.jpg
今回はモノアイにシールを貼ったのみで仕上げてある。
これ以外にも脚部に貼る赤のシールとデカールが付いてくるので、塗装についてはスミ入れ以外ほとんどいらんかと。

側面
20160423_3192.jpg 20160423_3193.jpg
ザクの胴体部分に関しては今まで出ていたオリジンのザクシリーズと同様になっている。

背面
20160423_3194.jpg
結構こうして見ると色んな色が使われてて派手。
なお、バックパックのバーニアは僅かに可動する。

可動範囲
20160423_3195.jpg 20160423_3196.jpg
やはり今までのオリジンのキットと同様に広い可動範囲を持つ。
設置性に関してだけは、ドムの脚の形状から干渉することもあり、範囲によっては今一歩になってしまっている。

付属品
20160423_3197.jpg
非常にシンプルにザクマシンガンとヒートホークと平手とヒートホークのマウンターだけ。

ザクマシンガン
20160423_3198.jpg
フォアグリップも可動するように出来ている。オリジンシャアザクと同様に肩にせり出しがあることもあり、構えは問題なく決まる。
なお、ディテールアップ図るなら、スコープにHアイズ付けるとかするといい感じかと。

ヒートホーク
20160423_3199.jpg
大きさは今までのザクシリーズと変わらず。
同じ物使ってるんだから変わったら怖いけどさ。

さて、ではここで同じパーツを用いているドム試作実験機と比べてみよう。
20160423_3200.jpg
意外にも足のデザインが一部異なっていたり、実はそこら中で色々と違っている。
似ているようでいて似ていない、けどやっぱりザクとドムの合体マシン、それがこの機体なのだろう。

20160423_3202.jpg
というわけで、HGGO「高機動試作型ザク」でした。
やはりここにはあのボールを絡ませたいところだが…積んでる…俺が…俺の…。

とまぁそんなカバネリとかユニコーン的な台詞は置いといて、やっぱこのシリーズの魅力はサクッと組み上がる割に広い可動範囲とRGより優れた保持性が魅力だと思う。
ザクとドムの合いの子的存在ということもあって、非常にデザインも面白いので、もし再販されたら是非買って欲しい。



■ゴッドハンド
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す