プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

METAL BUILD「デスティニーガンダム(ハイネ機)」

20160630_3352.jpg

メタルビルド。超合金の金属と独特のアレンジが人気のバンダイのトイブランドだ。
しかも高級である。最低でも15000円くらいはする。しかし人気である。

そんなブランドの中でも人気なのが、かつて出たデスティニーガンダム。
それをハイネ仕様にしたという設定のものが、去年の魂ネイションで限定発売され、それがプレバンでも販売された。
俺は三次予約でようやくそれを手に入れたので、それをちっくらレビューする。

20160630_3335.jpg 
ハイネのパーソナルカラーであるオレンジに塗られているため、だいぶ印象が変わる。
アレンジは設定よりもアニメーション内での作画によるアレンジに近い。
ちなみにほぼ全塗装であり、関節などは金属パーツを用いている。

側面
20160630_3336.jpg 
何気に白いパーツもほとんどが金属となっているため非常にズッシリとした重みがある。
それがメタルビルドのいいところである。
ちなみにサイズは1/100相当と言ったところ。

後面
20160630_3337.jpg 
デスティニーといえばこのバックパックが大きな特徴だ。
これも全塗装で仕立て上げられている。
塗装のずれなどは一切なかった。

可動範囲を見てみよう。
20160630_3338.jpg 
20160630_3339.jpg 
腕廻りは特にガシガシ動く。
しかし股関節は金属パーツを用いていることもあってかとにかく堅い…。
もっとも、可動範囲だけ見れば十分な広さだけど。

では付属品をば。
20160630_3340.jpg
各種武器とエフェクトパーツ、手首交換パーツ、そして台座とその固定パーツになる。
台座はハイネ仕様のエンブレムが入っている。

まずは武器のひとつ、高エネルギービームライフル。
20160630_3342.jpg 
フォアグリップとスコープは可動式となっている。
また、腰にビームライフルをマウントさせることも可能だ。
サイズはそこそこ。

続いてアロンタイド・ビームソード。
20160630_3345.jpg
とにかく長い。そのため撮影スペースギリギリである。
両手持ちなども可能で、やはり迫力ある武器だ。

次に高エネルギー長射程ビーム砲。
20160630_3343.jpg
各部を展開した上で持たせることになる武器だ。
グリップが可動するため、様々な場所で構えることが可能となっている。

この二つの武器を背中にセットすると
20160630_3341.jpg 
余計にごつくなった気がする。

次はフラッシュエッジ2ビームブーメラン。
20160630_3346.jpg
エフェクトは長短双方あるため、好みで分けて大丈夫。
短い方だとブーメラン型にするために、かなり角度がついているのも特徴の一つだ。

続いてアンチビームシールド。
20160630_3348.jpg
前腕の手甲に 取り付ける。ポロリはなし。
また、この装備は
20160630_3349.jpg
こうして展開することも可能だが、これは差し替え式となっている。

最後にソリドゥス・フルゴールビームシールド。
20160630_3347.jpg
これは手の甲を取り替える形となる。
完全に透明というわけではなく、少し濁りがあるのが特徴と言えるだろう。

そしてデスティニーの特徴と言えば
20160630_3350.jpg
この羽を展開したポージングである。
が! これを台座に付けて撮影しようとしたら…その…撮影スペースに、入らなかったよ…。
しかも地上に立たせたら立たせたで結構ギリギリという…。
でけぇよこれ…。

20160630_3344.jpg
というわけで、METAL BUILD「デスティニーガンダム(ハイネ機)」でした。
非常に重みの」あるブランドであり、また大きさもでかいため、とにかく何処かにあったら買っておくのオススメする。
スペースもだいぶ取るけどね…。


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す