プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

MG「RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)メカニカルクリアVer.」作製記録

20160829_3537.jpg

思えば久々の模型レビューである。
つか世間一般的にはかなり遅いけどね…時間思ったよりなくてね…。

で、今回紹介するのは8/22まで銀座の松屋で行われていた「GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展」での限定ガンプラである、MGのオリジン版ガンダムメカニカルクリアVer.である。

まずランナーはこちら。
20160810_3823.jpg 20160810_3824.jpg 
ランナーは流石MGと言わんばかりに多い。
外装パーツは全て透明クリアーとなっており、それ以外は全て黒系となっている。
シールやデカールはそのままのようだ。

これをコネコネと作るとこうなる。
20160829_3525.jpg 
内部フレームがしっかり見えるのがこのキットのいいところである。

側面
20160829_3526.jpg 
側面にはマシンガンが付いているが、通常仕様に戻すことも可能だ。

背面
20160829_3527.jpg 
背面は非常にシンプルなガンダム、という感じだ。

可動範囲
20160829_3528.jpg 20160829_3529.jpg
今回はコアブロックシステムが内蔵されていないこともあってか、胴体も含めかなり範囲は広めである。
 肩はせり出しも出来るようになっており、より広い可動範囲を出せる。
更に手首はバンダイのキ○ガイ技術である、1パーツで全指可動のあれである。

付属物を見てみよう。
20160829_3530.jpg
ライフルが2本にバズーカ、シールド、予備弾倉、肩キャノン、ビームサーベル、エフェクトパーツ、そしてアムロとなっている。

まずはライフルから。
20160829_3531.jpg 20160829_3532.jpg それぞれ形状が異なり、一本は見慣れた物、もう一本はオリジン版でのライフルとなっている。
どちらもスコープの裏にシールを貼るような仕組みとなっている。

続いてバズーカと肩キャノン。
20160829_3533.jpg
肩キャノン思ったよりも小ぶりである。
バズーカも見慣れた形状となっている。また、マガジンを取り替えることが出来るギミック付きだ。

続いてビームサーベル。
20160829_3534.jpg
まずまずの長さを持っている。
なお、これら全ての武装は手にピン留め出来るため、ポロリする心配はない。

最後にエフェクトパーツ。
20160829_3535.jpg
各部に取り付けることが可能となっており、これだけは色が最初から付いていた。
これも固定する場所が決まっているため、落ちる心配はなし。

20160829_3536-2.jpg
以上、駆け足だったけど、MG「RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)メカニカルクリアVer.」でした。
キットそのものに変更はないため、非常に高い出来を持っている。
興味があったら通常版を是非ふれてみて欲しい。



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す