プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

MG「Vガンダム」作成記録Vol.1

なんやかんやで2010年になった。
で、その2010年最初のキット、それをどうしようか迷った挙げ句、俺はMGのVガンダムにした。

Vガンは俺が一番最初に見たSDじゃないテレビシリーズだっただけに思い出もある。
それにさ、あの複雑怪奇極まりない変形ギミックだから、あんなもん再現できるわけねぇと思ってたよ、去年の九月にこいつが発表されるまでは。
これは作らざるを得ないと心底思ったもんだ。
しかもこれが初のMG、でもあくまで部分塗装+αで行ってみようと思った。

てな訳でまずランナー。

ABSを用いたポリキャップほぼレスキット。何故「ほぼ」かと言えば、少しだけ使うから。
しかもこのキット、カトキバージョンとテレビバージョンと再現できるように肩のダクトが色違い版が付属してたり、何気にコアファイター二つ作れるから通常もヘキサも作れるあり得ん仕様だった。

で、製作を開始、すると同時に待ちかまえる人形。
バンダイ狂気…もとい脅威の技術力で再現された1/100のパイロットだよ。
しかも普通のキットと違ってVガンはコクピットが透明になるから、これランナー状態まんまだったらかなり目立つ。
そこで俺は多少塗ることにした。

まずバイザー。これはメタリックグリーンで着色。
その後メット周りは、通常版とヘキサに乗せる奴とで変えた。設定でもウッソとマーベットのメットの色違うし。
てな訳でウッソはメタブルー、マーベットはメタバイオレットで着色した。
後はスミ入れをした後、ベルトの部分は黄色で着色。
とりあえずこんな感じ。
2010-01-01-005.jpg
少しやるだけでも違うと思う。

で、後は順々にスミ入れしたり、つや消し吹いたりしながら作成していく。
今回のダクトはテレビ版を準拠することにしてブルーを選択した。
でもあえてカラーを変えた場所がある。それが肩だ。
どうも肩の一部がスカイブルーになってた絵があった気がして、それがインパクトあったからそっちにしてみようと思い、ランナー毎そこにスカイブルーのスプレーをしゅーと吹く。
割と悪くない。
後は今回のカトキ仕様に合わせて前腕のハードポイント付近の間接軸部分も赤に着色して、今日の分は完成。

まずはコアファイター二機。
2010-01-02-009.jpg
やっぱし人形着色すると違うと思った。
後ライティングギアは何故かクリアー成形という謎仕様だったのでニュートラルグレー吹っ掛けてから、車輪部分のみブラックで塗っている。
実はホビージャパンと全く同じ方法だってのは気にしちゃダメだ。

続いて通常機のコアファイター。
2010-01-02-013.jpg
やっぱし塗った効果はあるな。

で、肝心の今日出来上がったところはこんな感じ。
2010-01-02-005.jpg
この変形合体に俺は半分狂気を覚えたよ…。よくもまぁトップリムの変形再現できたもんだ。
後スカイブルーに塗ったら割としっくり来た、個人的に。
とにもかくにもスミ入れと部分塗装だけでも随分よくなるな、このキット。

さぁ、今度は下半身と武器だ…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す