FC2ブログ

プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

SDガンダム クロスシルエット「シスクード」作成記録

20190430_1002.jpg 
令和になって早二週間近く。
そんな令和最初のレビューは平成最後に造ったこいつで行こうと思う。
そう、クロスシルエット最新作、シスクードだ。

いや、まさかこいつがキット化されるとは夢にも思わなかった。
携帯ゲーム機のGジェネにしか出てきたことがないティターンズの人間乗ることあんまし考えてないだろてめーと言いたくなるマシン。
それがまさかここに来てのキット化である。
なんかバンダイ青くなってからだいぶ暴走の一途を辿っているな…。

そんなこいつのランナーはこんな感じである。
20190429_0874.jpg
元値1500円だけあってSDとしてはかなりのパーツ数。

これをコネコネとまずはSDフレームで。
20190429_0887.jpg 
モノアイはジュエルシール採用となっており、雰囲気はばっちり。
肩前面部の白、ダクトの黒、メインカメラのグリーン、脚部の紺はシール、それ以外は色分けにて再現されている。

側面
20190429_0888.jpg 
大型のバインダーが目を引く。
しかもこのバインダー後述のオフェンスモードのためかなりの数のパーツで再現されているため、かなり後方重心となりがちである。
自立には少しバランスを考えた方がいいかと。

背面
20190429_0889.jpg 
このようにバインダーは結構分厚いのだ。

CSフレームにしてみるとこんな感じとなる。
20190429_0890.jpg 
グレーで組むことを推奨されていたが、色合いからするとホワイトの方が合いそうであったためホワイトを組み込んでいる。
これだと少し細めの感じになっている。

側面
20190429_0891.jpg 
だいぶ頭身が伸びていることが分かると思う。

背面
20190429_0892.jpg 
手足が長くなるだけでも本当に印象変わるのがこのシリーズの面白いところ。
重心に関しては頭身伸ばしたら割と安定した。

可動範囲
20190429_0893.jpg 
SDフレームは変わらず肘・膝は固定。
だが側面スカートアーマーが可動するため、結構設置面積は取ることが可能となっている。
また、モノアイも可動させることが出来る。

20190429_0894.jpg 
20190429_0895.jpg 
CSフレームになると一気に可動域が広くなる。
設置についてもまずまずといったところか。

付属品
20190429_0896.jpg
Iフィールドランチャーとビームサーベルが二本。
ビームサーベルの刃先はクリアーパーツである。

まず最大の特徴のIフィールドランチャー。
20190429_0897.jpg 
多少無理があるがSDフレームでも両手持ちは可能となっている。
流石にこれだけの大物武器であるため、片手持ちは関節が死にます、マジで。

20190429_0898.jpg 
CSフレームではよりアクション性を重視した構えを取ることが可能となる。
肩のせり出し機構があるため、こうして正面に近いカットでも構えることが可能となるのだ。

ビームサーベル
20190429_0899.jpg

20190429_0900.jpg
HGのサーベルと同じ刃先が用いられているため、結構長い。
そのこともあって長さ的にはCSフレームでちょうどいいかと。

さて、このシスクードは変形させることが出来る。
それがオフェンスモードだ。
リミッター解除モードに近く、中の人の安全性は一切無視した機動力を発揮できるモードだ。
一部パーツの差し替えで再現が可能となる。
まずはSDフレーム。
20190429_0904.jpg
あ、足が…足りない…。
ウィングが長すぎてギリギリ足が付かないのだ…。

側面
20190429_0905.jpg
今まで付いていた側面スカートアーマーがバックパックに取り付けられる。

背面
20190429_0906.jpg
結構浮いてることが分かると思う。

CSフレームだとこうなる。
20190429_0901.jpg
これだと今度はウィングの長さが微妙に短い気もするし…ぐぬぬ。

側面
20190429_0902.jpg
安定して立たせることは可能である。

背面
20190429_0903.jpg
ウィングに関しては改造して長くしてもいいかも。

では各フレームを比較。
20190429_0907.jpg
フレーム次第でだいぶ印象が変わるのがよく分かると思う。

20190429_0908.jpg
というわけでSDガンダム クロスシルエットより「シスクード」でした。
なかなかキット化に恵まれないレア機体であると同時に、異常に販売にも力が入っておりなんとティターンズカラーまである。
大物武器に可変ギミックと結構プレイバリューも豊富なので、買ってみてはいかがだろうか。



■プレミアムバンダイ

HG 1/144 マグアナック36機セット【2次:2019年9月発送】

HG 1/144 マグアナック(ラシード機/アブドゥル機)【2次:2019年9月発送】

HG 1/144 マグアナック(アウダ機/アフマド機)【2次:2019年9月発送】

HG 1/144 緊急脱出ポッド[プリムローズ]【2次:2019年9月発送】

RG 1/144 トールギスIII 【2次:2019年9月発送】

HG 1/144 ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ(デストロイモード)【2019年7月発送】

MG 1/100 ガンダムF90 【2次:2019年9月発送】

MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ&Sタイプ 【2次:2019年9月発送】

GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE サイコ・ガンダム(グロスカラーVer.)

HG 1/144 グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)

RG 1/144 サザビー[スペシャルコーティング]【2次:2019年10月発送】

MOBILE SUIT ENSEMBLE EX12 ガンダムヴァサーゴ・CB & ガンダムアシュタロン・HCセット
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す