プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

HGUC「リゼル隊長機」作成記録

リゼル! それは! ゲターとかのサポートユニットと、MSを組み合わせた今までにないまったくあたらs(ry

とゆーわけで、そんなある意味クレイジー極まりない発想も多分かなり含まれていたに違いない、ZⅡ改造機であるリゼルを組むことになったわけだが、この機体は通常機仕様と隊長機仕様の二種類が存在する。
今回はその中でも無駄にメガビームランチャーが格好いい隊長機仕様のリゼルを組むのだ。

まずはランナーはこんな感じ。
2010-04-10-001.jpg
ユニコーンの関連商品、というか、HGUC全体にいえることだが、やはりテレビでやってるガンダムシリーズよりパーツ数が多いように思える。ついでに値段も高い気がするのだ…。

で、この機体を仕上げる上で重要になるのはやはりセンサーの色合い。
リゼルは隊長機は緑、通常機は赤っぽい色でセンサーが塗られてるけど、センサーの数が連邦軍の今までの機体の中ではかなり多い。だからこそこれを如何に仕上げるかで出来映えも結構変わってくる気がするのだ。

そこで役立つのが前に買ってきたビスマスパールである。
基本的にはこの順番で塗っていく。
センサー塗るパーツにマスキングしてセンサーだけ晒す

センサーにサフを吹く

光沢ブラックの下地を塗る

クリアー光沢を塗る

ビスマスパール吹き付ける

クリアー光沢を塗る

クリアーグリーンを二回ほどちょっと濃いめに吹く
以上終わりだ!
それをやるとこんな感じになる。
2010-04-10-046.jpg
もうちょっと薄くグリーン吹けばよかったとちょっと思った。

後は相も変わらずのスミ入れとダクト塗装を施して、完成じゃ。
2010-04-10-009.jpg
ダクトの塗装はブラック、メガビームランチャーのチューブの色はガイアカラーのスターブライトゴールドを吹き付けた。
前に某掲示板で教えてもらった方法として、あくまでもあの手のメタリック系塗料は柔らかく吹く、何回にも分けて吹くってのを実践したら、今までで一番きれいな金色が乗ったのだ…。
今までのはなんだったんだろう…。

横はこんな感じになる。
2010-04-10-011.jpg
メガビームランチャーでかいのぅ…。

後ろはこんな感じ。
2010-04-10-014.jpg
足のチューブもスターブライトゴールドで。
ちなみにアップだとこんな感じの色合い。
2010-04-10-023.jpg
むぅ、今までよっぽど吹きつけ方が悪かったんだろうなぁ…。

2010-04-10-028.jpg
キットにはビームサーベルが付いてくるけど、見れば分かるように結構長い。
後ポージングは変形機構がある関係か、割と自由度が高い。特に足の。
2010-04-10-022.jpg
なにせ正座が出来るぞ!
だからなんだ


で、この機体最大の特徴である変形。
まー、この変形がすごいのなんの。なんと上半身をブロックごと全部外して別のに付け替えるというZガンダムと同じ形式。
最終的に変形するとこんな感じになる。
2010-04-10-033.jpg
Z系列って言うより、メタスに近いかなって言う印象がある。後足の変形のやり方がかなりZⅡとかぶってるのがいい感じ。
さらにこの機体、ウィングバインダーにMSが持つためのユニットがあるから、こんな事も出来る。
2010-04-10-037.jpg
タイトル:スタークジェガンさんといっしょ
こうしてSFSと化して運搬することも出来るわけだ。実際UCのOVAでもこのシーンはあったし。
まぁ、乗ってるのは普通のジェガンだったけど。

そして、この変形のために犠牲になったパーツ。
2010-04-10-035.jpg
大破したリゼルのようにも見えるでござる…。

2010-04-10-043.jpg
少し値段は張るけど、センサー部分の塗装だけでもかなり違ってくるキットだなぁと感じた。
個人的には平手がほしかったかな…とは思ったかなぁ…。
後は通常機を組んでみてどんな感じになるか、だな。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す