プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

リボルテック戦国BASARA「長曾我部元親」&「毛利元就」

戦国武将がブームになって久しいような久しくないような。
そんなこんなで、今回紹介するのは、最近の武将ブームのある種火付け役にもなったといえる「戦国BASARA」のリボルテック二体。
まず一体目は長曾我部元親である。昔は姫和子なんぞと呼ばれてたが、初陣の時に豹変したように勇猛さを見せつけ、更には一領具足制度(兵農分離が浸透する前に長宗我部氏が編成した半農半兵の制度)を用いることで土佐を統一、その後一気に四国を統一した…んだけど、晩年は仙石秀久さんのせいで長男が死んじゃって以降、惨憺たる物に…。
で、そんな人のBASARA版、なんかパイレーツな感じに。
2010-04-16-003.jpg
割と「アニキ」の特徴である顔とかはしっかり再現されてる。
が、外れを引いてしまったのか、足が、もげた…。現在修理なう。

2010-04-15-020.jpg
後ろはこんな感じ。
なびいているような風合い。

ポージングを取らせてみる。
2010-04-15-008.jpg
可動範囲は結構良好。割とガシガシ遊べる。

そしてこの人のもう一個の特徴といえば武器だ。
2010-04-15-013.jpg
とにかくでかい。しかも重い。
そのせいでちっくらバランスが悪くなって転倒しやすいので要スタンド。
で、俺はさ、今になって初めて、チェーンを横の穴にはめるのが正しいって事に気づいたんだ…バカ! 俺のバカ!
そしてスタンドが付いてた事に気づいたのは、全てを撮影し終えた後さ…泣いていい?

2010-04-15-017.jpg
気を取り直してゲットライド。スタンド使えば空中での動きとかも再現できるかも。

2010-04-15-022.jpg
チェーンは、その、こういう風になるもんだとばっかり…。
ちなみにチェーンにはかなりの数のリボ玉が仕込まれているため自由度の高いアクションが出来る。
これは正直すごいと思った。

2010-04-15-027.jpg
まぁ、こういう感じでアニキこと長曾我部元親を紹介してみた。
武器のやり方が結構間違えてたんで機会があれば撮り直そう…。

で、もう一体。それが毛利元就である。
史実での彼の幼年期は様々な不幸に見回れ踏んだり蹴ったりと言わざるを得ないところがあった。しかも毛利家は大内家と尼子家に挟まれどっちつかず。
しかし大内家の属国になった後の彼がすごい。本当にじわりじわりと、まるでボディブローのように権謀策謀を使いまくって自分の勢力を拡大させていく。そして大内家当主であった義隆が陶隆房によって謀反で殺されると、隆房をも厳島で撃破、更には尼子家に離間を仕掛けて内部分裂を誘い、これも撃破、中国統一を果たす、という策略に優れた男なのである。
故に人は「希代の謀将」と彼を呼ぶのだ。

そんな彼のBASARA版は妙に若々しい感じの怜悧な人間として描かれている。
2010-04-16-002.jpg
服装の構造上、リボ玉が元親よりかなり目立つ…。

2010-04-16-005.jpg
後ろはこんな感じ。
上半身のヒモもかなりしっかり造形されている。

2010-04-16-008.jpg
ポージング。基本的な可動範囲は元親とさして変わらず。

そしてこの人の特徴といえば日輪型の刀だろう。
2010-04-16-019.jpg

分離させることも出来るのだ。
2010-04-16-013.jpg

刀を持った状態でポージング。
2010-04-16-022.jpg
元親より武器が軽い分、そこまでバランスを崩さない。それでもスタンドはあった方が安定する。

2010-04-16-026.jpg
更にはこの人、こういったリング状のスタンドも付いてくるので、雰囲気はかなり出てるかと。

そしてここまで来たらやはり対決させるよりほかなかろう。
2010-04-16-028.jpg
こうして比べると両者ともに特徴的な武器を持ってるよなぁ…。

2010-04-16-031.jpg
とまぁ、こんな感じで二体を紹介してみた。
造形は元就、ギミックは元親の勝ち、という印象を持ったかな、あくまでも個人的な主観だけど。
双方ともスタンドを使わないとダイナミックなポーズで立たせるのは難しいのでそこは要調整、という感じかな。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す