プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

公孫瓚イージーエイト作成記録Vol.1

既に三国伝の放映開始から一ヶ月。
なかなかにしっかりした三国志物で個人的には驚いている。

で、そんな中で発売されたのが「真」シリーズの公孫瓚。
だがしかし! 俺は正直イージーエイトのカラーリングが好きになれん!
ってわけで、それの改良前である陸ガンカラーにしようと思ったのじゃ。

まず恒例のランナーはこんな感じ。
2010-05-09-003.jpg
なんか今までの三国伝キットに比べて恐ろしくシンプルな気がしてきたぞ。
複雑な武器とかがないからってのもあるかもね。

で、やっぱしどーも気になる肉抜き穴が多い。
特に足。三国伝の普通のキットよりも足が太い分すげぇ目立つ。
さすがにこれは改修する必要アリと判断した。
他にも鎧の裏、マントの一部、足の裏、手の関節部分と、そこいらにパテを埋めるのじゃ。
2010-05-09-007.jpg
肝心の鎧の一部が写真に映ってないのは仕様です。
まずはちょっと多めに盛る。
足の裏もかなり豪快な肉抜き穴あったしなぁ…。目立たないけど、馬に乗せたら見えるから埋めようと思っての。
使用したパテはウェーブのエポキシパテ・軽量タイプ。

三時間経過したところでパテをカットする。
その間、接着とか小説書いたりとかするわけだ。
切るとこんな感じになった。
2010-05-09-010.jpg
後は接着剤が乾くまでの三日間待機し、終わり次第サフ、塗装って感じだなぁ。
BB戦士は徹底的に作ろうと思うと凄くハードなのだ…。

そして今思えばプラ板でも良かったかもしれないと、何となく思った今日この頃。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す