プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

コトブキヤ「シュライクⅠ型」作成記録

ボダキットもついに第三弾が出ることになった。
シュライクシリーズ最初の機体であるⅠ型である。

シュライク、通称「修羅」とは、ボダ史上最軽量の高機動型タイプのBRだ。
前に作ったHGことヘヴィガードとは間逆のコンセプト…なんだけど、実は作った会社は同じ「エアロン・エアハート」(通称:AE社)である。
だが、そんなAE社はボダのストーリー曰く、新型機を作ろうとしたら他社からの技術者引き抜きが大量に発生し、新型機開発計画が頓挫したと…。
この会社の明日はどっちだ。

で、そんなピンピンチな会社の修羅さん、キットのランナーはこんな感じ。
2010-05-22-001.jpg

まず速攻で目に付くのが、肉抜き穴の多さ。
とにかく気にかかったのが太もも。シュライクは脚部の構成上、膝関節が横に付いている。要するに鳥足だ。
が、その鳥足の部分にメチャクチャ目立つ肉抜き穴があるのだ…。
とゆーわけで、ここはパテで埋める。

次にランナーごと塗る対象を選択する。
見る限りだとやはり塗るべきだと判断するのはブースターがあるランナーD、Gと武器類のあるE。
これにはサフを吹いてからブラックを吹き付け、光沢クリアーを吹く。
続いてD、Gにはガイアカラーのブライトシルバーを吹き付けた後、光沢クリアーでコーティングした。
Eも同じくガイアカラーなのだが、今回使用したのはスターブライトアイアンである。
で、これらを吹き付けたら乾いた後に光沢クリアーでコーティングした。

次に頭部。今回は内部メカも再現されており、完成度は高いんだけど、なんか頭部のバイザーがクリアーまんまなのは違和感がある。
って訳で、バイザーはクリアーにブラックを数滴混ぜた塗料で薄く裏打ち。
内部メカはブラックを中心に、モノアイユニットはシルバーで着色した。
モノアイ自体は雰囲気を出すためにHアイズの1.5mmを用意し、それにクリアーブルーを塗って貼り付けた。

続いてIFF。今回は素直にブルーでいくことにした。
塗る対象に対してマスキングした後は以下の順で仕上げた。
サフ→光沢ブラック→光沢クリアー→ビスマスパール→光沢クリアー→クリアーブルー1:クリアー3の塗料で薄吹き→光沢クリアー
まぁ、いつも通りと言えばいつも通りだ。

後はランナーごと塗装したパーツに対して再度軽めにアイアン掛けて、部分塗装していけば、完成だ!
2010-05-29-004.jpg
フレームは今回は黒金色で着色。
太もものニュートラルグレーで塗ったところがパテ盛りした部分である。結構でかいのだ…。

横はこんな感じ。
2010-05-29-008.jpg
足は車輪ではあるが設置性は結構良好である。

後ろはこんな感じ。
2010-05-29-010.jpg
リペアユニットの循環してる部分は本来は黒なのだが、ゲーム中だと常にニュードが回ってる感じなので、そのイメージでメタリックグリーンで着色。
後本体自体も普通はホワイトだけど、味気なかったので結局スターブライトアイアンで通した。

可動範囲はこんな感じ。
2010-05-29-016.jpg
まずまず動くんだけど、これ撮らせてみてホントに肉抜き穴埋めて良かったと心底思ったわい。つか、目立つな…。
ただショットガン「スマックショット」は結構腕からぽろぽろと落ちるのが気にかかった。

ちなみにバイザーの中はこんな感じに塗った。
2010-05-29-019.jpg
割と中のパーツの雰囲気は結構出ていて悪くない。

リペアユニットを持ちながらポージング。
2010-05-29-027.jpg
リペアガンからニュードを射出して機体を修理するので、銃口はイメージ重視でメタリックグリーンに着色した。

で、このゲームの支援とは。
2010-05-29-034.jpg
玖珂さんがやられてしまった!
さぁ、リペアをするんだ!

しばらく後
2010-05-29-038.jpg
オレハ、マダ、ツカエル!
となるわけです。
ちなみにこのリペア、自分にも回復効果がある優れもの。
でも冷静になって考えても見れば、ボーダー以外の人体に超悪影響のニュードをまき散らす兵器だから、ものっそい危険なのでは…。うーん…。

次はAE社通しの機体で比べてみよう。
2010-05-29-043.jpg
デブとガリ。まさにこの表現につきる。

そしてこの二体が揃ったからにはやるしかない!
2010-05-29-046.jpg
逆三角形マン、見参!
うむ、キモくていい感じだ。

2010-05-29-048.jpg
砲・撃! うん、変態だ。

最後にBR三者三様。
2010-05-29-054.jpg
それぞれ特徴を出しつつも、肩のマウントとかIFFとか特徴が出てるのが非常におもしろい。
しかし、ちょっと今回の修羅さんは要改造箇所が多くてちと残念だったなぁ…。
ただステップアップには最適なので是非買ってみてはいかがだろうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す