プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

「龍装 劉備ガンダム」作成記録

同人誌の作成で忙しくてちっとも模型が作れてなかったが、やっとこさ安定したのでとりあえず。
といわれても、実は作ったのは先週で、ただ単純に文章書く余裕が生まれなかったのが原因なんだけどさ。

で、今回の奴は三国伝の第二クールからの劉備こと「龍装 劉備ガンダム」。
ランナーはこんな感じ。
2010-07-11-001.jpg
相も変わらずシンプルな形。

ランナーを見てて気に掛かったのが肉抜き穴。
今回の気になった肉抜き穴はこれである。
2010-07-11-004.jpg
髪の毛と腕と足。
ただ腕はそこまで気になるって程気になるわけではなかったので、とりあえず頭と足にパテを盛ってどうにかする。
結果はこんな感じだ。
2010-07-11-007.jpg

次に塗装。
今回から新たに「エアレギュレーター」を導入したので、そのテストも兼ねて実験。
まず今回は鎧を少しメタリック系にしようと思ったので、とりあえずハンドピースを全開にして0.07気圧でプシューと吹く。
結果、銀地はこんな感じに。
2010-07-16-005.jpg
少なくとも一々ハンドピースでエア圧調整しないでいいってのはでかいな。とにかく疲れないのは魅力だね。
慣れるまではちょっと大変そうだけど。

後は毎度おなじみ部分塗装で仕上げていけば完成する。
2010-07-17-007.jpg
側面図。
2010-07-17-010.jpg
背面図。
2010-07-17-011.jpg

武器はまず龍帝剣と青のみになってしまった剣。
2010-07-17-013.jpg
後龍帝剣は覚醒版も付いてくる。
2010-07-17-017.jpg
塗装レシピは以下の通り。
青メタリック:下地:ガイアカラーEXシルバー、その上にクリアーブルーを薄く
銀部分(青剣の柄含む):ガイアカラーEXシルバー
兜の縁、肩の鎧、青剣の金以外の武器を含めた金の部分:ガイアカラー・スターブライトゴールド
兜の縁、肩の鎧、青剣の金:ガンダムマーカーのゴールド
角の部分にある緑:下地:ガイアカラーEXシルバー、その上にクリアーグリーン
髪の毛:黒
足:キャラクターホワイト
後メタリックの部分は全て黒く下地を塗ってある。
最終的な仕上げはメタリックの感じを出すために光沢で。

では、ここで劉備三種類を比べてみよう。
2010-07-17-018.jpg
こうしてみると最初の劉備が結構小さくて驚く。

側面。
2010-07-17-020.jpg
今回の新型装備はかなり翔裂帝の趣が入っているのがこの図だとよく分かる。特に腕はなおさらだ。
最後に背面。
2010-07-17-023.jpg
背面はやはり翔裂帝が異彩を放っているのが分かる。
でも割とどれも背部に生えた赤の羽って言う意匠は変わっていない。
そして考えても見ればこれがこのブログに模型を晒してから三年間の進化の道筋でもある。
一応少しは上手くなったのかな…。

2010-07-17-027.jpg
とゆーわけで龍装劉備だった。
なんか天玉鎧の影響を受けて装備が変わったって言うけど、アニメだとただ単に鎧を新調したってことになってるし…いったいどういうことだ…。
後パテで埋めたけど、実は足のパテは背部のスカートアーマーがでかいからさして目立たないという…。
ま、まぁ、いいや…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す