プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

コトブキヤ「武御雷」作成記録Vol.1

色々と組みたいキットは多々ある。
しかし、俺は最近あることに気づいた。
そう、ブキヤキット分が凄く不足している。

確かにMGとか大型キットは作ったけど、しかしそれに匹敵する、そう、模型スキルを備えるのにいかすキット、それがブキヤプラモだと俺は思うのだ。
とゆーわけで手を出したのが今回の「武御雷(たけみかづち)」である。

が、はっきり言おう、俺は原作のマヴラヴオルタナティブなるゲームはプレーしたことないし、そもそもエロゲだと言うこと以外どういうゲームなのかも知らん。
ただ単にHJ見て買おうと思って買った感じなんだよなぁ…。

で、そんなキットのランナー。
2011-01-15-001.jpg
箱の中を見たときはそんなに多く感じなかったのに、いざ開けると異常に多いブキヤプラモの不思議マジック。
頭部の一部パーツ、つかトサカになっている部分は赤の塗装が既にされている。

で、今回の製作方針としては、設定を見る限りでは兵器として見ることも出来るが同時に式典とかそういうのにも出そうな感じがしたので、あえてつやありの光沢で仕上げようと思うのだ。
それにクリアーパーツも多いからそうした方が生えると思う。
ただそのクリアーパーツ、そのままの状態だとなんかイマイチ目立たない。
なのでここは裏地にガイアカラーのEXシルバーを吹くことにした。
今回からハンドピースを新型に変えたのでそのテストもある。

吹いた結果がこんな感じ。
2011-01-16-006.jpg
左が裏地に吹いた後、右がそのままの場合だ。
多少好みの問題もあるだろうけど、裏打ちはやっておいて損はないと思う。

キットを設定資料とにらめっこしながら作っていると、この機体は意外に赤の部分が目立つ。そしてプラモには塗装されていない部分も多い。
なのでここはモンザレッドを用意し、ちょこちょこと筆塗りをする。
また、ブラックの縁もかなり多いからそこもちょこちょことやるのだ。
後個人的な好みだけど、正直フェイスパーツがかなり地味に感じられた。紫一色だからかなんか味気ない。
なのでここはオリジナルのカラーリングで少し仕上げる。当然ここも使うのはモンザレッドだ。

プラモそのものとしては動かしていると微妙にぽろぽろ取れる部分も多い。
足首のパーツとか頭のトサカがその最たる例だ。こいつらは可動範囲にも影響ないからそのまま接着した。

で、今現在ここまで出来た。
2011-01-19-002.jpg
頭部は全体的に赤多めにした。イメージは日本の甲冑の面具。
実は足の裏もしっかり塗装したんだけど、それは次回に回す、つか写真撮り忘れたのだ…。

側面はこう。
2011-01-19-007.jpg
肩口の赤と黒は塗っておこう。マジでここは目立つ。
膝関節の赤はマスキングしてからサフを吹いてモンザレッドを吹き付けた。結構ここも目立つ。

背面。
2011-01-19-008.jpg
後ろの丸モールドはニュートラルグレーで。

ほとんど筆塗りだけどどうにかなるもんだな…。
後は背部のバインダーと武器類、そして手首だ。
さぁ頑張るべ。これを終えたら次はANA限定のメガサイズガンダムに取りかかろうと思うのだから…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す