プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

ユニオンフラッグ作成記録

さて、10月から始まった機動戦士ガンダムOO。

今回のガンダムはヤケにプラモ攻勢に気合いを入れており、まだ三話なのにFGで既にガンダム四機が出そろい、HGでも二機既に出ている。

しかし、そんなHGにまさかの事態が起きた。
今までならば主役ガンダムを出した後もガンダム攻勢で暫く行くはず…なのに、二体目は、なんと量産機!!!

とゆーわけで、それが今回お伝えする「SVMS-01ユニオンフラッグ」である。

まずランナーから見てみよう。
P1000385.jpg

ランナーは三枚と極めてシンプル。
しかし、見てみるとこれ、想像以上にパーツ数が多い。
しかもこれで1050円(税込み)である。
なかなかやるではないか。

左からA、B、Cランナーとなっており、CランナーはABS製である。
そしてこのABSが間接などの役割を果たすという。つまりこのキットはポリキャップレスキットなのである。

今回もまた一日簡単フィニッシュというわけで、部分塗装とかだけで仕上げた。

とゆーわけで出来上がったのがこれである。
P1000395.jpg

続いて後ろ姿である。
P1000408.jpg

こうしてみてみると分かると思うが、この機体、MSっぽくない…。
故に、ガンプラを作っているという感覚があまりないため、極めて新鮮な気持ちで作れた。
なお、グレー部分は「ガンダムカラー・エクストラカラーセット」に付いてきた「ファントムグレー」を使用している。

キットの注意点だが、この機体は戦闘機をイメージして作られているためか、ダクトの数が極めて多い。
ここは塗っておいた方が得策であろう。見栄えがかなり違う。

後今回、自分は手の甲をこんな感じに塗った。
P1000390.jpg

ただ単に塗り間違えただけ穴あきグローブみたいで格好いいだろう!?(NGわーお:気のせい)

頭部のアップはこんな感じになる。
P1000406.jpg

頭部構成パーツの一つに銀シール貼り付けるところがあるため、見栄えに関しては申し分ない。

ここで注意事項であるが、頭部にあるアンテナ(?)のB12、13パーツ、襟ウィングのA30、31パーツ、そしてそれ以外の後部のウィングパーツには全て尖ることを防止するための余分パーツが付いている。
これはきちんと切り取って後で整形してやろう。

そしてこの機体の神髄、可変形態である。
P1000402.jpg

横はこんな感じである。
P1000403.jpg

上から見るとこんな感じになる。
P1000404.jpg

この時、首を収納することでABS間接にロックがかかるという面白い形式を取っているため、これだけでも体験する価値があるのではないだろうか。

OOも始まって三話とはいえ、なかなかに量産機が格好よく、ほどほどにいい活躍をしてくれる。
来月に出るというティエレンも期待できると言うものであろう。
久しぶりに出た量産型機のHG、皆さん買ってみてはいかがだろうか?
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す