プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

食玩「ガンダム大地に建つ」

静岡に立っている実物大ガンダムも、あと一週間で見納めである。
そんな実物大ガンダム、建てるのに色々と大変だったというのは知っている方も多いだろう。

そんな実物大ガンダムの製作風景をモチーフにした食玩が、今回紹介する「ガンダム大地に建つ」である。
この前静岡行ったら先行販売してたのを買ってそのままにしておいたけど、ちょっともったいないと思って組んでみたのだ。
2011-03-21-002.jpg
箱の長さはだいたいHGのプラモのパッケージと同じくらい。薄さはガンダムエースの2/3くらい、といったところだ。
この中に六種類、こんな感じで入っている。
2011-03-21-004.jpg
この六種類一つ一つがいわゆる1/1ガンダム作成風景をモチーフにしたヴィネットとなっており、それを全部組み合わせることで静岡のガンダムのミニチュアが完成する、っていう寸法である。

一個あたりの箱のサイズはこんな感じだ。
2011-03-21-006.jpg
劉備と比べてみても意外に大きい。
内容としてはそれぞれのパーツと運搬風景モチーフの土台、後二体の人形とソーダ味のガムがセットである。

サンプルとして1番を組んでみた。
2011-03-21-007.jpg
フォークリフトとか鉄骨とか、そういう物がセットで付いてくるのだ。ちなみに全ラインナップとも付属物はバラバラで、トレーラーだったりクレーンだったりする。
塗り分けてやると結構いいかもしれない…が、造形かなり甘いので(まぁこれ自体オマケみたいなものだからかもしれないが…)辛いかもしんない…。
後見ると分かるように人形の造形はかなりきつい、色んな意味できつい。風景再現するならNゲージの人形買うのも手かと。

しかしそうはいいつつも、やはり全部組み合わせた姿はなかなかの物になる。
2011-03-21-013.jpg
ホワイトも二色使われているため、雰囲気も悪くない。
マーキングはタンポ印刷で施されているため、よほどのことがない限りは剥がれない、はずだ。
ちなみにこれ、あくまでも「1/1静岡ガンダムのミニチュア」であるため、無可動である。

右側面。
2011-03-21-018.jpg
サーベル刺す部分は若干残念だった。
ちなみにこの台座は2番目に付いてくるのだが、この2番目がなかなか面白く、内部の鉄骨が再現されている。
が、当然のことながらこのでかい台座故に明らかに一個だけぎゅうぎゅう詰めだったぜ…。

背面。
2011-03-21-022.jpg
バーニアは切り出す必要がある。
ちなみにビームサーベルの収納口は塞がっているため、お台場版の再現は要改造となる。

左側面。
2011-03-21-024.jpg
まぁ、そこまで悪くない。

で、これどんくらいのサイズかというと、比較画像をドン。
2011-03-21-027.jpg
このように劉備より若干サイズは大きいけど、横の体型がそこまで太くないためあまり大きくは見えない。
が、机に飾ったりするには結構最適で雰囲気は悪くない。
しかし、この製品最大の難点は…フルコンプ、必須ってことかな…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す