プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

RG「エールストライクガンダム」作成記録

やっとこさコミ1とかティアとかも一段落付いたので模型でも組もうか!
ってわけで今回作ることにしたのはRG第三弾の「エールストライクガンダム」。
種の主役機だったんだが…うん、まぁ、その、機体デザインはホントに嫌いじゃないんだが…ストーリーが…ね…どうしてこうなった…。
まぁ、そらおいといて、ストライク自体は割とデザインはオーソドックスなガンダムタイプだ。
故に前に作ったガンダムからどれだけ進化しているのかを図るいい機会でもある。
ってわけでランナーだ。

意外に少ないな、ってのが正直な感想。
割とシンプル目に見えるのはなんでだろう…。

で、今回の小改造はエールストライカーのウィング部分。
折りたためる部分が中途半端だという話を聞いたので、ここは若干パーツを削って調整してみる。
2011-05-07-025.jpg
エールストライカーの下の部分をゴリゴリとケズルノデス。
その後きちんとヤスリと整えてやると、これくらい角度が異なるようになるのだ。
2011-05-07-021.jpg
左が削った結果、右が削る前。
若干ではあるが、下に向けることが出来た。
しかし全部を下に向けるにはパーツの接続部分を外に出すしかないと思った。流石に小改造では無理だね…。

だがそれにめげず、相変わらずのデカール地獄に苦しみながらも、エールストライク、完成だ!
2011-05-15-009.jpg
今回から(?)握り拳のパーツが付いてくるようになったのは嬉しいところ。左手についているのがそれである。
塗装パターンとしては、若干輝いているグレー部分はスターブライトアイアン→光沢、それ以外はつや消しを吹いただけ。ただRGお約束の金、銀、銅のシールはつや消しとかを吹いた後で貼った。
スカートアーマーの排気口と思われる部分も同色に着色。流石に白そのままは味気ないし、アニメ本編でもここは黒かったし。
後サブカメラは黒を下地に塗った後、金の目だけを貼り付け。メインカメラはクリアーブルーを着色。
スミ入れは白はガンダムマーカーのリアルタッチグレー1、それ以外は2で塗った。

側面
2011-05-15-010.jpg
ホワイトは二色使われている。

背面
2011-05-15-013.jpg
割とこれはシンプルである。

可動範囲の特徴としてこれが上げられる。
2011-05-15-017.jpg
これまたRG特有の装甲可動ギミック。今回も健在である。
スターブライトアイアン塗るだけでも結構違ってくるので個人的にはオススメです。
ちなみに今回はフレームにも結構この色塗ってある。

とりあえず素の状態でポージング。
2011-05-15-049.jpg
アーマーシュナイダーは二個付き。展開ギミックも再現済みだ。
ちなみに刃先が何故か白いのでここは銀で着色した。流石にそうじゃなきゃ見栄えが悪いのだ…。

では、肝心のエールストライカー。
2011-05-15-020.jpg
ウィングはそこそこに大きめである。
接続口の形は旧HGとは異なり、原作準拠の四角い感じになっている。
2011-05-15-021.jpg
側面は結構銀シール貼る部分が多いのだ。
2011-05-15-024.jpg
背面はブースター部分を銀に着色。黒だとやはりちと味気ない感じに思えたので。

というわけで、ビームライフル、シールドも含めて接続。
2011-05-15-031.jpg
結構バランスは良好。ただやはり装備が重いため若干後ろには倒れやすかったかな。
ちなみにビームライフルの接続ピンは俺のやり方がまずかったのか、一発で手首に刺すことすらなくもげました…。
うん、この状態実はただ握らせてるだけなんだけど…結構安定する。

側面
2011-05-15-035.jpg
割と印象が素体とは異なる感じだ。

背面
2011-05-15-003.jpg
特にここはなおさらである。

ちなみに小改造の結果の折りたたんだ図。
2011-05-15-006.jpg
…あんまし効果なかったかもしんない…。

ビームサーベルを持たせる。
2011-05-15-043.jpg
ビームサーベルも持ち手用とエールストライカーに刺す用の二つがついていたが、割とビームライフルの持ちが安定することもあり、エールストライカーに刺す用を握らせてもこのように安定する。
刃先は短すぎず長すぎず、非常にちょうどいい。

ではここで、今までのストライクを比べてみよう。
2011-05-15-054.jpg
左からコレクション、RG、HG(高校生の時に作ったらしい、若干改造されている)
…コレクション足でけぇなおい…。
しかし今見てもHGは割と悪くない出来で驚く。流石に可動範囲はOOとかと比べると見劣りするが決して悪くはないな…。

2011-05-15-002.jpg
というわけで、RGのエールストライクガンダム、いかがだっただろうか。
割と初期のRGに比べて作りやすくなっているため、スミ入れとデカール込みでも1日あればなんとかなる。
結構RGの入門にいいのかもしれない。
ただ、この写真撮るのに使ったベースとの接続パーツが、凄く、取れづらいです…。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す