プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

プラム「AS-5E3レイノス(主人公機)」作成記録

重装機兵シリーズというゲームが昔あった。
もうこのゲーム自体出たのは二〇年以上前になる。そしてそのゲームを元にフロントミッションの「GUN HAZARD」も生まれたわけだ。
そんなゲームの元祖である「レイノス」。その主役機がプラモとなって発売された。
出したメーカーは「ピーエムオフィスエー」、その中の「プラム」というブランドが出している。
このブランド、実はプラモ参入は去年からと新進気鋭のブランドであり、なおかつ人型ロボットのプラモはこれが初めてになる。

では、そんな初めてのプラモのランナーである。
2011-04-24-003.jpg
二色+クリアーパーツ+ポリキャップと比較的シンプルな構成。値段7200円の割にはちとボリューム不足かなぁと思ってしまったが、いざ作ってみるとこれがそうでもない。
なんと驚くべき事に、初めてのメーカーとは思えないほど滅茶苦茶組み立てやすい。
結構後ハメなども考慮されたパーツ構成になっているため、塗装とかもしやすいのが面白い。

後は個人的にディテールアップ。というわけで、ここで使うのはブキヤの「丸モールドⅡ」。
これを腕の所にぺたりと貼っていく。
2011-05-21-001.jpg
少しのディテールアップにオススメです。
なお、ここで使ったのは1.5ミリのパーツである。

後はたまに塗っていけば完成である。
2011-05-22-003.jpg
腕のでかい丸モールドはブキヤの丸モールドⅡの3.5ミリを貼り付けた。

側面
2011-05-22-007.jpg
腕の手甲のようなアーマー部分の丸モールドは2.5ミリを取り付けてある。

背面
2011-05-22-009.jpg
結構どっしり目。

ポージングを取らせてみる。
2011-05-22-014.jpg
膝は二重関節ではないため、僅かにしか曲がらないが、足首の前後合わせて三本の指は全て独立可動するため、設置性は特段問題なし。
手は肘が二重関節だが、そこまで深くは曲がらない。ただ、必要十分ではある。

では、武器を持たせてみよう。
2011-05-22-018.jpg
武器はレイノスの大きな特徴でもある「12.7ミリガトリンクガン」が付属する。
武器自体見れば分かるように結構長めであり、パーツ数もそこそこにあるが、ダボが付いており、ガッチリと構えることが出来る。

2011-05-22-016.jpg
ただ可動範囲や武器の長大さ故に両手持ちは厳しいです。
なお、手首パーツは両手分の握り拳と、右手のみ銃持ち手、左手のみ平手が付く。
銃の持ち手と平手は両方欲しかったなぁ…。

2011-05-22-022.jpg
塗装パターンは以下の通り。
膝の丸モールド、手甲の中(ここがスカスカなので暗色系で塗装しておくと光を通さなくなるのでオススメ)、腕の一部:ニュートラルグレー
頭部カメラユニット、ガトリンクガンの銃身:シルバー+光沢
ブースター部のブラックの部分:スターブライトアイアン+光沢
肩の赤ライン:マスキングした後モンザレッドを筆塗り
シリンダー:ガンダムマーカーゴールドを筆塗り
カメラ:クリアーレッド
腕の丸ポチ:ブラック
ホワイトやこれ以外の部分はスミ入れした後全てつや消しかけただけである。

では、同じ1/35同士、また玖珂さんにご登場いただいて比較。
2011-05-22-024.jpg
地味にでかい…。そして太い…。

2011-05-22-027.jpg
残念ながらレイノスのあのポーズを取らせるのは手首パーツがなかったため無理だった。
まだ成長するべき点は若干あるが、それでも最初に出したキットとしては上出来の部類。
組み立てもやりやすいので、手には入ったら是非組んでいただきたい。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4: by だびぃ on 2011/07/23 at 20:16:23

ヴォーかっけー!

5: by ヘルハウンド on 2011/07/27 at 20:59:31

書いてあるように多少部分塗装いるからそこだけは注意するですよー

▼このエントリーにコメントを残す