プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

コトブキヤ「フレームアームズ:グライフェン」作成記録

フレームアームズも気付けば息が長いシリーズになった。
が! 俺は今思えばマジで轟雷しか作ってないという現実に気付かされた。色々と買ったというのになんたるていたらく!
というわけなので今回はこの間発売されたフレームアームズ最新作「グライフェン」を作ってみようと思うのだ。
今回のデザイナーは木下ともたけ氏である。

ランナーはこんな感じである。
2011-07-31-001.jpg
フレームアーキテクトにパーツをかぶせる従来方式だ。
しかしフレームアーキテクトにかなりの改良が施されている。
なんと! ポロリしなくなった!
軸が少々太くなったと同時に腕の軸にラインが設けられるようになったため、きちんとロックされるようになった。
これでかなり遊びやすくなったとも言える。

今回はあくまでも部分塗装で。
てわけで完成したのがこれだ。
2011-08-02-003.jpg
見りゃ分かるように…ほとんどフレームアーキテクト使われてない…。
どちらかといえばクロスフレームに近いかも…。
後股間の部分にHアイズの4ミリを貼って少しディテールアップしてみた。
また、胴体のパイプはスターブライトアイアン+光沢、それ以外は全部つや消しである。
肩のホワイトのラインはマスキングした後スプレーでグランプリホワイトをしゅーと。

側面
2011-08-02-005.jpg
今回は、つか今回もニュートラルグレー大活躍。
かなりの部分に今回はニュートラルグレーの筆塗りを実施してある。
また、背部のジェットにはカッパーの筆塗りでラインを入れてみた。

背面
2011-08-02-008.jpg
割と足に付いてるジェットが邪魔だったりもする…。

ポージング
2011-08-02-011.jpg
上半身、及び関節は思ったよりも動く。
が! 何故か知らないが股関節は尋常じゃないくらい固い。マジでかなり強引にやらないと可動できないのがネックだった。
俺だけかも知れないけど。

そして何よりこの機体最大の特徴は手足に付いたクローである。
2011-08-02-016.jpg
クローの先端部にはポリキャップがついているため色んな物を付けることが出来る。
また、クロー自体も結構動くので表情付けが結構面白い。

武装としてミサイルランチャーが付属している。
2011-08-02-018.jpg
手に持つことも出来る、背部に背負える、腕に付けられると割と何でもありの武器だ。しかもでかくて格好いい。
後に単品でも販売予定だそうである。
が! あまりにでかいためにバランス崩しやすいのと、そのでかさ故に可動範囲かなり殺すのでそこは注意が必要かも。

ちなみにこの機体、水中と宇宙で活躍出来るらしい。
だがやはり後ろや肩に付いたファン故に水中が似合うだろう、ってわけでパープーンガンを持たせてみた。
2011-08-02-022.jpg
同じくブキヤから出てるシリーズだ。
これがあると遊びの幅が一気に広がります。

では、こいつはたしてどんくらいのサイズなのか。
2011-08-02-0031.jpg
流石にHGジェガンと比べるとでかいが、実は轟雷よりも小さかったのは少し驚いた。
膝関節の構造上そうなってしまうところもあるのだろう。

2011-08-03-002.jpg
というわけでグライフェンでした。
非常に遊び甲斐があり、とにかくギミック満載なのでいじってて飽きない。
是非手にとって遊んでいただきたい。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す