プレミアムバンダイ最新商品

Amazon最新商品

プロフィール

ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)

Author:ヘルハウンド(大戦シリーズ名:王刃)
同人サークル「夜刀の神」(http://hound21.web.fc2.com/)管理人 オリジナルのロボ小説「AEGIS」を同人誌で出していると同時に模型とか色々と手を出す、そんな趣味人

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

RSS

レイノス追加ウェポン製作日記Vol.1+D型ジェガン改造日記Vol.1

今回は二本立てだ。
まぁ、二個記事作るより一個にまとめるんで十分な量だったから、ってのが正解だけど。

まずはレイノスの限定版だ。
ワンフェスで出ていたあれが8/6、7限定で秋葉原のボークスにて売っていたのだ。
というわけで買ってみた追加セット。内容はこんな感じである。

2011-08-07-002.jpg
これはプラスチックではなくいわゆる「レジン」という奴だ。
ガレージキットとかでよく使われるあれである。
最近ではカラーレジンとか色々と種類もあるらしい。

でだ、こいつを処理するにあたりまずやるのが「バリ」と「ゲート」の処理だ。
見れば分かるように成形時に付いた余分な部分が結構レジンには見受けられる。
なのでここはこれらをニッパーで切断した後ヤスリで調整した。

続いてここでネックになるのが表面処理。
まず気泡だ。
2011-08-07-006.jpg
削った結果こういう気泡が出たりする。
こういうのはパテで上から塗りつぶすのが基本になるそうだ。

そして、本日の山場。
実はレジンはそのまま塗ることは出来ない。「離型剤」という物が付いており、これが原因で塗料が付着しない。
なのでこれを落とさなければならん。
そこで活躍するのが
2011-08-07-008.jpg
中性洗剤+クレンザーである。
これに一日漬けておけばなんとかなる、はずだ…。

続いてジェガンである。
常々思っていたが、ユニコーンに出てくるジェガンは発売されているジェガンとは別物である。
ならば! 無いものは作ればいいのだ!
という発想の基、エコーズジェガンとスタークジェガンを組み合わせて作ろうと思ったのだ。
つか、ぶっちゃけ頭部さえ作っちゃえば後は塗っていくだけなんだけどさ…。
で、その頭部。実はエコーズジェガンもスタークジェガンも使えない。
なぜなら微妙に形が異なるからである。横のダクト形状が通常のジェガンと違っているのだ。
2011-08-07-011.jpg
左が普通のジェガン、右がスタークジェガンである。
スタークジェガンはマスク部分が違う、エコーズジェガンは使えそうで使えない。
となってくれば、話は簡単だ。
通常ジェガンの頭からマスクを解体し、スタークジェガンに移植すればいい。
というわけでこんな感じにすぱーんと!
2011-08-07-020.jpg
そして俺はこれをやっている最中にデザインナイフで豪快に指をざっくり。
暫く指を舐めたので口の中に血の味が広がりましたが無害です。
で、これをくっつける。
2011-08-07-021.jpg
D型ジェガンの頭部がある程度見えてきた。
ここから整形を行いつつ改造していくのである。

いつ出来るかは知らない。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す